武漢ウイルスのバラマキには中国の故意があったのか?

2020年5月16日の『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』で面白いことを伝えていた。少しまとめておきましょう。

『軍事大国もコロナの影響』

4月13日のアメリカ海軍の原子力空母「セオドア・ルーズベルト」で水平1人が新型コロナウイルスに感染して死亡したことを発表→現在もグアムに留め置かれたまま1100人以上が集団感染

空母は米軍の柱!!アジアに直ちに出勤できる米軍の空母がいない異常事態に

そもそも米海軍の行動は空母の行動が基準。空母は軍事的プレゼンスを示す象徴的なもの。空母は半径1000kmの空爆の範囲を世界中に展開できるはず。

武漢ウイルスは、中国の武漢のウイルス研究所から発生したとされるが、目的が不明だったが、新型兵器として開発してるある種の中国の故意があったのかと邪推してしまう。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。演奏音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて19年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。