トランスミッションが壊れたスズキの車が直った

「スズキのエブリィのトランスミッションが壊れる」は7月9日だった。その翌日の10日に壊れたスズキの車はディーラーに持ち込まれた。車関係でお世話になっている佐藤さんが10日に自宅に車をレッカー車で取りに来てくれてデーラーに持ち込んでくれたのだ。

で本日そのディーラーから電話を頂きリコール整備は終わったと報告を受けました。トランスミッションが不能になった部分の修理は無償だという。ホッとしました。

スズキ自動車のリコール騒ぎについて」で調べたように、コスト削減が間違った方向に向かったようです。欠陥商品も出荷してしまったようです。納品後ある部分が不能になっても、不正合格させた部分を起因として連鎖して別の部分に支障が生じる場合もありうるでしょうね。

この車はほかにエアコンの危機が悪くなり5分もすると霜取りが効かなくなるのです。エアコンのガスを変えてもその現象は起きるのですが、この部分は検証修理して料金が発生する場合もあると告知されました。

当方は壊れた当日、JAFに車を自宅まで運んでもらって31000円かかってるし、代車の運用を強いられてます。くたくたです。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて18年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。