地図も本屋で売れない?

幼少の頃から地図本を開くのが好きで、数年後の改訂版を買いなおしていたのですが、現在はインターネット上に置いてある地図をみるようになりましたね。
今では観察してみたい地域をネット上で簡単に観ることができるのです。これは、インターネットが普及してないとき本屋で地図を立ち読みする行為に似てまして地図本という物体が流通しないのですね。本が売れないということは、本屋さん・印刷屋さんにも影響あることでしょう。
アルプス社が民事再生手続きを出してたのですね。しかもこともあろうに皮肉にもヤフーが支援するそうです。
アルプス社は、地図のデジタルソフトCD化は早かったようですが、地図のネット上サービスのゼンリンに越された形でしょうか。地図ソフトCDは全国地図データーををパソコンに入れるので地図起動中はすばやく移動できて快適ですが、容量3G級です。ネット上地図は地図データーがネット上にあるのでパソコンの容量を食わなくてよいのですが、移動が速やかにできません。ただし、移動速度は、ネット回線スピードに影響してますから、光回線が主流に向かっているはずのネット回線の光に普及を待つしかないですね。
地図本の場合、改訂版を購入しても古い判を残しておくと、後々古い版の地図に残る古い町並みを気軽に観ることができたのですが。ネット上地図サービスでは、さすがに古い版を置かずに上書きでしょうから、町並みの”時代の流れ”の趣を気軽に楽しめないですね。
ヤフーさん。是非、地図本の絶版を回避してほしいと思います。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて15年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。