台風のため自宅待機になる

防災警報等エリアメールがたくさん入ります。数年前の東日本大震災を彷彿させる現象です。

思えば東日本大震災の時から災害時の本社の管理サイドの方針が変わった気がします。それまで外務地域で災害等起きた場合の管理者の指示がなんもなかったのです。外務では客から預かった物をたくさん持ってます。災害時そうした物を捨てて自分は逃げるか迷うことでしょう。職務を続行するか客の預かり物を捨てて避難するか。進退両難な状態だったのです。管理者サイドも客からクレームがあったときに対応できるマニュアルもなっかったので沈黙してました。そうした中で東北で外務中津波に流されて命を失った者がいました。また計画停電の時期も指示が何もありませんでした。計画停電といえば夜は客の家の明かりもなく、インターホンも鳴らない家もありました。実際大雪の時とか台風の時の職務遂行は危険極まりないです。

そうした時を経て徐々に台風や大雪などの自然災害時の職務の在り方が変化してきたのです。そして本日は大型台風が接近のため職務中止になりました。自宅待機です。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて18年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。