地図も本屋で売れない?

幼少の頃から地図本を開くのが好きで、数年後の改訂版を買いなおしていたのですが、現在はインターネット上に置いてある地図をみるようになりましたね。
今では観察してみたい地域をネット上で簡単に観ることができるのです。これは、インターネットが普及してないとき本屋で地図を立ち読みする行為に似てまして地図本という物体が流通しないのですね。本が売れないということは、本屋さん・印刷屋さんにも影響あることでしょう。
アルプス社が民事再生手続きを出してたのですね。しかもこともあろうに皮肉にもヤフーが支援するそうです。
アルプス社は、地図のデジタルソフトCD化は早かったようですが、地図のネット上サービスのゼンリンに越された形でしょうか。地図ソフトCDは全国地図データーををパソコンに入れるので地図起動中はすばやく移動できて快適ですが、容量3G級です。ネット上地図は地図データーがネット上にあるのでパソコンの容量を食わなくてよいのですが、移動が速やかにできません。ただし、移動速度は、ネット回線スピードに影響してますから、光回線が主流に向かっているはずのネット回線の光に普及を待つしかないですね。
地図本の場合、改訂版を購入しても古い判を残しておくと、後々古い版の地図に残る古い町並みを気軽に観ることができたのですが。ネット上地図サービスでは、さすがに古い版を置かずに上書きでしょうから、町並みの”時代の流れ”の趣を気軽に楽しめないですね。
ヤフーさん。是非、地図本の絶版を回避してほしいと思います。

つれづれなるままに異変な動き

どこぞのMIDI歌謡曲サイトがJASRAC仕様にするためとかで、Pon2 Musicサイトから楽曲情報をパク(参考?)ろうとしてるのがまざまざと気づいてしまうネット世の中は狭いのですね。
楽曲の年代は当方かなりの時間をかけて調べたものもあるし、当然間違いも含まれるでしょうね。
また歌詞はコピー&ペースト防止対策でご不便でしょうけれど、これがJASRAC仕様にかなうギリギリガールズじゃなくてギリギリの”Flash”なのです。

戦場のピアニスト

[戦場のピアニスト]始め十分くらい観てたけど、最後まで観るのがめんどうなのでやめました。

千と千尋の神隠し

[千と千尋の神隠し]最初二十分くらいでやめる。一度観たことあるし、龍のセリフの伏線の自然さがないのに気づきやめる。宮崎アニメ映画自体日テレがスポンサー(後のテレビ独占放送視聴率青田買い)になってるから、待ってれば日テレ。

暖冬

灯油をトラック牽き売りのお兄さんが、「この冬はあたかくて灯油売れないし、やってらんないですよ」と客に愚痴うぃ言ってるのが窓の隙間から漏れ入った。やってられなきゃやめたらいいのに。ガス代ももったいないから。と、日記には書いておこう。

厳しいね

あぶなく三日坊主になるところでした。
詳しくは後ほど。。。
開店まであとわずか。。

msnメッセンジャーと漢字

パソコン歴は短くないのですが中国人の知り合いに誘われてmsnメッセンジャーをパソコンにインストールしてみました。使い方がよくわからずアイコンをクリックすると分けわからない画面が飛び出るありさまです。
メッセンジャーは、中国人と会話を楽しむときに重宝しそうです。
10年前以上前に中国人留学生と会話してたとき口述漢字の意味が伝わらないときメモ用紙などに筆記して見せると意味が伝わり会話が円滑になったものでした。
そうなんです。漢字は、「中国の古い国の漢の字」ですから、同じ流れにある中国語と意味において相性がよいのですね。
ただし、付言すべきは、日本語のすべての漢字が中国原産というのではなくて、明治維新文明開化と西洋受け売り文化時に西洋語からの学術用語などの翻訳において、日本人が漢字(西洋系法律用語・医学・科学などなど)を創作したものも混在してますので、むしろこの種の漢字は学術用語などとともに日本から中国へ輸出されて利用されているようですね。

音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう。。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。