アラバマのお姉さんにレビューをもらう

“TAKEMA & Pon2 Music”でアラバマ州の24歳の女子大生さん(たぶん・・)からレビューをもらう。statusphereさん。表紙の女性でしたら・・(o^v^o) うひうひ。

ホームネットワーク

出張で今まで何百件ものお宅にお伺いしてますけど、一件のパソコンの台数が増えてきてますね。今日も家庭内無線LUNでホームネットワークを構築してほしいと依頼されて行ってみると、無線LUN機器から先の回線を利用してインターネット接続できればよいだけ(パソコン間のファイル共有はいらない)だったりと依頼者の真意は微妙に異なります。

POiSON GiRL FRiEND

ヴォーカルが欲しい今日この頃、Poison Girl Friendのノリコさんのようなロリータヴォイス系ボーカルがほしいです。
Poison Girl Friendのオフィシャルサイトがありました。日本語サイト
「MELTING MOMENT」というアルバムの”Hardly Ever Smile (Without You)”という曲、一番気に入ってる曲です。おおmp3置いてあります!!↓
pOisOn girl friend mp3のページの”Hardly Ever Smile (Without You)”7分に及ぶ超大作。必聴ですぞ。
サイトは自分たちで作ってるのでしょうか。うちに言ってくれれば・・・

ACIDplanetのサーバースペースを借りる

『TAKEMA by Pon2 Music』
今までの二倍のデーター容量の音楽128Kbpsです。
今まで64Kbps配信してましたが、一曲数が長くなりましてとてもサーバー容量に耐え切れませんのでいっそのこと2GまでOKの場所を借りました。SONYさん系です。それにともなって音楽圧縮を128Kbpsまで音質を上げました。ブロードバンド以上の人でないと聴けないです。聴いた人の数がでますけど誰も聴かない恥ずかしさがあります。またここはダウンロードできてしまうので、JASRAC系音楽は検討中です。
表紙の画像はあるものをとりつくろって間に合わせました。まわりのミュージシャンの表紙を見るとかっこいいです。

サティのジムノペディ第一番

「事務のぺディ」の原曲は、サティのジムノペディです。
♪”Media Player”で聴くPon2 Music スタミナユーロ新Remix。黒人の野生的なパーカッションフューチャー。今日からACID Pro 5.0も使っていくことにしましょう。
「ジムノペディ」より。
「この”ジムノペディ”は、古代ギリシャのスパルタの裸踊り「ギムノパイディア」を描いた古代ギリシャの”壷”から作った曲だそうです」(自分の過去の解説より)
「事務のペディ」ちゃんは、キーボード変換が創作した題名でいかがわしい意味はないです。

ACID Pro 5.0を購入する

いままでPon2 MusicのRemixは主にScreenblast 4.0(ACID Pro 4.0の廉価版)を使っていましたが、これに入れると音が劣化が気になっていました。音を伸ばしたり縮めたり、ピッチを上げ下げすると、出来上がりの音がモコモコ音・スカスカ音・ベロベロ音など不自然な音が混じるのです。
ということでACID Pro 5.0をアップグレードとしてUS$229.5で購入。購入後日本語版を選べました。このソフト日本で買えば5万近くするので半額近くで購入できました。WEB購入後本体をダウンロードして使え、素材などが入ったCDを送ってくる。
前のバージョンの廉価版とProとは比較要素が微妙に異なりますが、音質がかなり改善されているようです。さっそく直近のRemixに再RemixとしてACID Pro 5.0で編集しなおしてみました(再Remix表示の「時をかける少女」と「ヴァイオリン協奏曲」)。

時をかける少女

「時をかける少女」は、筒井康隆氏原作の映画化の主題曲、松任谷由実さん作詞作曲ですね。
♪”Media Player”で聴くPon2 Music 新Remix(8/4再Remix)。
「時をかける少女」より
当時角川書店は、映画にも手を出し始め自社の文庫本などから「犬神家の一族」、「人間の証明」、などなどと映画化されてました。この「時をかける少女」も角川文庫(・・・口を両人差し指で引っ張って「金沢文庫」と言わせて・・・)。

音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう。。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。