脳動脈瘤があるかのMRIによる撮影のすすめ

くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂によって起きるそうです。自分に脳動脈瘤があるかはMRIによる撮影がためになります。突然死を避けましょう。

脳神経外科 佐野 公俊 医師 新川橋公開講座「クモ膜下出血とその予防」

脳動脈瘤について

脳動脈瘤は怖いのです。自分の場合もこの動脈瘤が破裂してクモ膜下出血になりました。現在の自分はこの脳動脈瘤がないそうで、主治医さんが言うには、クモ膜下出血の再発の恐れは極めて少ないそうです。
脳動脈瘤はMRIによる撮影がためになり、年一回程度MRIによる検診を脳神経外科でやってもらうのがよいかと思われます。くも膜下出血は死亡率が高く後遺症を残す率も高いから、突然死したくないためにも脳ドック等の検査がよいかと思われます。

肉じゃが 支店の食堂

今日はA定食が鶏の照り焼きだったから、B定食の肉じゃがにしました。コックさん自分がひじきを避けてるのが分かっててお惣菜を変更してくれました。同時にコックさんに損失余命の話をしました。信ずるものは救われる。これが大病して生き残った者の食事です。

北海道あずきプリン メイトー

メイトーの北海道あずきプリンです。
プルプルしてておいしいです。リピありですね。

カップヌードル シャンピニオンズ (ドイツ) 日清

日清のカップヌードル シャンピニオンズ (ドイツ)です。

世界のカップヌードル。意外にもおいしくなかったです・

2. スープ
濃厚なマッシュルームのうまみにオニオンの甘みを加えた、クリーミーなポタージュスープ。

脳動脈瘤破裂がくも膜下出血(脳卒中)を起こす原因になる

くも膜下出血(脳卒中)は、脳動脈瘤が破裂して起こすそうです。脳動脈瘤はMRIでその存否が分かります。したがって定期的にMRIを撮ってみて脳動脈瘤があるかないか調べてみるのがくも膜下出血を予防するのに有効になります。致死率や後遺症率の高いくも膜下出血を予防することが、自分の将来の運命を充実させるのに不可欠と言えます。だれも、突然死や後遺症を残したくないと思います。

くも膜下出血で生還したのはクエン酸のおかげかも

くも膜下出血を起こして後遺症なく生還してるのは10年以上飲み続けているクエン酸のおかげかもしれません。最近ますますそのような確信を深めてきてます。科学的な証明はできなくても信ずるものは救われる程度かもしれませんが、クエン酸には自然治癒力が備わります。自分の3か月にわたる意識不明時にそれまでのクエン酸の自然治癒力の体質の効果で完全に治癒したと感じられるのです。意識不明時には主治医さんは、一生、植物人間のままと感じていたようです。ではどうやってクエン酸を取り入れているかは以下に紹介してます。

「クエン酸と脳卒中 大洋製薬」「クエン酸りんごジュース」

くも膜下出血について

音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう。。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。