『海の上のピアニスト』La leggenda del pianista sull’oceano(The Legend of 1900)

『海の上のピアニスト』La leggenda del pianista sull’oceano(The Legend of 1900)もモリコーネが音楽を担当しました。あらすじは豪華客船で生まれ育って、独学でピアニストになり、廃船と共に船と一緒に消えた話です。これをモリコーネがサントラ曲を癒やし曲として作曲したとコメントしてます。

“1. 1900s Theme – The Legend of 1900”

以下のシーンは船で生まれ育った主人公がレコーディングするときに、窓から見える女性を見て即興演奏したシーンです。。

“The Legend of 1900 (1998) – ‘Playing Love’ scene [1080]”

以下小生のですがサントラ盤にはトランペットの独奏シーンの曲が入ってないから再現しました。

“The Legend Of 1900(La Leggenda Del Pianista Sull’oceano)-Ennio Morricone/武富武馬”

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて18年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。