初めての四六時中の海鮮炙り飯 まぐろ

初体験の若年化している令和の時代にオジサンが初体験したものがある。それは「炙り飯」。「炙り飯」にはチェリーボーイで食べ方を知らないので、ネットで食べ方の入念なチェックをして初体験に臨みます。今日は平日でランチタイムをやっていて「炙り飯」を体験できそうです。
で、今日は四六時中のマグロの海鮮炙り飯(830円)を食べました。「食べ方のご存知ですか?」と聞かれて「調べてきました」と答えました。

焼鍋の上にはバター醤油味の混ぜご飯が乗ってます。まずはそのままお椀に乗せて食べます。次にお椀に乗せて刻み海苔、あられ、漬物を載せて、ポットの白だしをかけてお茶漬け風に食べます。
お盆の上には、まぐろ、黒みる貝、エビ、明太子、ネギ、錦糸玉子、高菜、あられ、刻み海苔、特製白だし、味噌汁、漬物が乗ってます。
反省点は火消しが早すぎたかも。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて18年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。