されど狂牛病

「噂の真相」12月号(11/10発売)からおもしろい記事。
<農水省が、牛の肉骨粉の使用禁止措置をにぶらせた理由>
・屠殺場業務は、被差別部落出身者で占められていて、いわゆる”同和タブー”があったこと。
・肉骨粉を原料にする配合飼料の大手メーカーに日清飼料株式会社があり、この会社は日清製粉の100%子会社であるから、いわゆる”天皇制タブー”があったこと。
そして、流通の流れを把握できない”牛肉取引闇ルート”で流れた牛肉の危険性について触れている。

対極するタブーが重なったからというカトちゃんペのカトちゃんよりも強力なタブーだ。
「噂の真相」の記事をいまだに東スポレベルで聞き流す人がいたり、所詮、岡留(編集・発行人)がやってるから、とか鼻で笑う人がいる。
だからHP転載については、自分だけの判断に任せないで、10日発売の本記事について、今日(12日)、職場の数人に見せてから決めることにした。
すると、ウラがあるものだなと関心してた。ついでに、信憑性について聞くと、否定はされなかった。
-----
話し変わって、職場の先輩に、
「その話しにはウラのウラがあってな!!」と口癖になってる人がいる。
わたしは、「なんだ。ウラのウラはオモテだから、たいした話しじゃないんですか!?・・・で、どんな話しなんすか?」と聞くと、
「あのな!!・・」と苦笑いしながら声だかに話し始めるからおもしろい。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて17年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。