商標その2排除権?

昨日の件の続きです。
同じモール内で同種の商品を扱う同名の店があるのはおかしいと誰もが考える通念的なものです。商標以前の非明文化のマナーの問題ですね。またモール出店時の店舗名も類似店舗名の有無など類似性を相当とする範囲内で厳格に審査が行われているはずです。同名の店が見つかった件についてYahoo!に問い合わせてみました。すると同店舗は先月の開店時・開店前と別の店舗名で登録していて、現在もその別店舗名で登録されている。しかしどういうわけか、意図あるか勝手に店舗名を変えてしまった。とのことでした。もちろん手続きなしに店舗名を変えることはレギュレーションに反するのです。担当の人「よくみつけましたね」と感心してましたが、これこそYahoo!さんの監査さんのパトロールのしごとでしょうと言い返したい。
Yahoo!で注文したお客さんに電話など連絡するときは、注文先所在を喚起させ店舗の責任所在を明らかにするるため「Yahoo!ショッピングのラヴ・ハートです」と名乗るのですが、これが同一名だとお客さんに錯誤誤認させることにもなりかねません。
ロゴデザインなど見る限り似せてますよね。
知らないでやった・気がつかなかったとは言えませんね。未必の故意はたまた過失という概念もあるのです。
余談:
それにしてもここだけの話し。Yahoo!さんの人の入れ替わりは激しいですね・・・。半年ほど前、うちの担当に変わった気さくなSさん。しばらく電話連絡など音沙汰なかったのですが退職されたそうです。はやりの契約社員ですか。30代くらいで別のIT系に引き抜かれたならよいのですけど・・・
と、書いてる間にビッターズさんのYさんから出店のお誘いのお電話をいただきました。Yさんは去年の今頃もお話ししてたので割と長いようです。・・・話し方が去年よりも魅力的になられたようです。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて17年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。