林修の今でしょ!講座 7月25日 スタンフォード大学西野式最高の睡眠法

スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所の西野清治所長

スタンフォード大学西野式最高の睡眠法

スタンフォード大学西野式 質の良い睡眠チェック

□朝 目覚めが悪い

□お昼 無性にねたくなる

□夜 なかなか寝付けない

□休日に普段より長く寝る

□常に体がだるい

□ちょっとしたことでイライラする

□最近仕事でミスが多い

一つでも当てはまると質の良い睡眠がとれてない

一。どうすれば睡眠の質を上げられるか?

意識するだけで質の良い睡眠ができる。

1.質の良い睡眠を得るためには寝る前に1杯のホットミルクは、考えが古く、意味がない。体温調節の観点からは、質の良い睡眠をとるには冷たい飲み物が効果的。今まで牛乳の成分は眠気を促進するホルモンになると言われてたが、ホットミルクの眠気効果は効果まで約15時間かかることが分かり寝る前に飲んでもその効果は期待できない。

2.寝る前に携帯電話を見るのはよくない?携帯電話の光が睡眠の妨げになる?光でなく情報が脳への刺激になって(脳への興奮になって)睡眠を妨げる

3.肌のシンデレラタイム(夜10時から深夜2時に成長ホルモンが分泌される)があるが、肌のためには夜10時から深夜2時には睡眠してた方がよいか?重要なのは肌のシンデレラタイムではなく眠り初めに肌にいい成長ホルモンが出る一定の時間に寝て深い睡眠をとることが重要

二.睡眠の質を上げるにはどうすればよいか?

世界的権威が明かす最新の眠り方大公開

最高の睡眠をとるには最初の90分が大事。何時間寝ようが最初の90分が正しく寝れてないとそれ以降の睡眠は乱れ、結果として満足な睡眠が得られない。

眠り始め90分で成長ホルモンの約8割が分泌されることが最新の研究で判明した。

質の良い睡眠をとるには深い眠りが一番大事

三.睡眠研究の権威は何をして質の良い睡眠を得ているか

食事に注意することは致死率が高い病になった時に生きる方向に向かう