黒ニンニクの作り方

自家製の黒ニンニクの作り方を紹介します。黒ニンニクは、ニンニク特有の臭みがなくなり、熟成?化学変化によってニンニクの良い成分が凝縮するようです。味は、昆布ソフトキャンディのようなグミのような食感で甘みと酸味があってスイーツのような味がします。黒ニンニクにするためには2週間ほどの時間がかかりますので電気釜が独占されるから、黒ニンニク用の電気釜を手に入れるのが望ましいでしょう。それも保温機能を長時間利用するため電気代との関係でIH式の電気釜がよいそうです。

ちなみに当方は、黒ニンニクは熟成に2週間かかるため、電気釜を2つ用意して1週間ごとに食べられる状態にしてます。

一日の食べる量は1粒でよいそうですが、朝晩1個も食べてる人もいるようです。

自分で作るようになったきっかけは、黒ニンニクとして売られてるのが高額で電気釜を買っても元が取れると気づいたからです。

必要なもの

  1. 電気釜
  2. ニンニクを20個ほど

ニンニクを適量用意します。国産が望ましいです。

電気釜の底にすのこのようなものを入れます。省略可です。

すのこの上にキッチンペーパーを敷きます。

釜にニンニクを入れます。

電気釜の保温ボタンを付けます。注意を要するのは電気釜によって長時間保温を続けると安全装置が働いて自動的に自動的にOFFになるものがあります。その場合は一日一回一旦電気釜をOFFにしてONにする作業を続けます。

保温状態にしてから約二週間で取り出します。これで食べられます。

さらにニンニクを釜から取り出して約三日ほど常温に寝かします。こうすると甘みが増すようです。

食事に注意することは致死率が高い病になった時に生きる方向に向かう