100歳への道~食事によるアンチエイジング~TBS

TBSラジオの早朝番組「生島ヒロシのおはよう一直線」のコーナーで順天堂大学大学院教授で医学博士の白澤卓二 先生が興味深いことを言ってましたので、白澤卓二先生の本を数冊買うことにしました。
朝に注文して、夜には届いているAmazonです。
fc2_2013-01-18_22-06-06-215.jpg

順天堂大学大学院教授で医学博士の白澤卓二 先生
今朝は、順天堂大学大学院教授・医学博士、白澤卓二先生に、
「100歳への道~食事によるアンチエイジング~」と題して、
お話を伺いました。
まず、朝食を抜くと、昼食時にインスリンの効きが悪くなり、
昼食後血糖値が異常に高くなり、急上昇した血糖値に反応して、
過剰に分泌されたインスリンは、血糖値を下げ過ぎてしまうそうです。
また、新たな発見としては、南カリフォルニア大のジョッシ博士が、
肉を高温で調理した場合にたんぱく質から発生する
化学物質や脂質の焦げ部分に含まれる化学物質が、
前立腺細胞の代謝によって発がん物質に変化する可能性を見出したそうです。
ただ、一方、鶏肉では、フライパンで焼くと、赤身肉と同じく危険率が上昇。
ただし、直火焼きでは、逆に危険率が低下。
鶏肉に限った場合は、フライパンを使ったグリルより、
焼き鳥のような直火調理の方が身体にはよさそうとの結果が出たそうです。
お肉を食べる時、食べ方にも気を付けた方がいいですね。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて18年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。