高圧線付近の建築制限と電磁波

近所の高圧線の鉄塔が建て替えられた。そういえば建築制限があったと思うけど最近の住宅は高圧線ギリギリに建てられている。

「鉄塔・送電線・高圧線が近くにある不動産の調査方法についてまとめた」

自分が小さい頃は、高圧線は電磁波を発しているから、付近に住んでいると電磁波による脳腫瘍になるとか白血病になるとか聞いていて、建築制限もその影響かと思ってた。そして今住んでる土地を選ぶときも高圧線から何キロ離れているかとか父親と調べたものだった。ところがその建築制限は電磁波による影響とは関係ないようだ。とはいえ最近の高圧線付近の住宅は高圧線ギリギリまで建てられている。気にならないのだろうか。

「高圧線の直下にある住宅への居住は避けたほうがいい理由」

↓この鉄塔は別の鉄塔です。

西武鉄道の伊豆箱根カラーと近江鉄道カラー

西武多摩湖線は国分寺駅から西武遊園地を結ぶ線だ。過去しばらく西武遊園地~小平。国分寺~萩山と分かれて運行されていた。数年前西武鉄道の筆頭株主のサーベラスに不採算路線を何とかしろと言われ(自説 根拠なし)運用の合理化が行われて国分寺~西武遊園地の運用になった。客も乗らないのに20分おきの運行サービス。大変かと思われる。