ビスフェノールAとペットボトル

数年前から飲料水は賞味期限が近いものを半額近くで売っている店で手に入れてました。ペットのお茶とか十六茶とか。今年の夏の暑い日にそうして手に入れたペットのお茶を飲んでて妙にプラスチックの風味がするなと気づきました。それ以来そうした賞味期限近いペットの飲料を買うのをやめました。きょうたまたま医科の動画を見て、包装されたパンがヤバいというので調べてみました。包装されたパンには包装のビニール袋からビスフェノールAとい物質がビニールからパンにしみ込んでるのだそうだ。

調べてみるとペットボトル飲料もヤバいというらしい。テレビとか取り上げないのはスポンサーがらみかな?と邪推してしまう。ペットボトルも缶詰も新しいものがいいのかな。

ビスフェノールA問題についてのQ&A(日本生活労働組合)

ビスフェノールAについてのQ&A(厚生労働省)

ペットボトルや実験器具から「環境ホルモン」

人体に悪影響? 缶詰食品に潜む化学物質「BPA」の危険