仕事してる夢を見ること

入院中何度も仕事して切迫してる夢を見た。これは夢なんだと言い聞かせ夢でよかったんだと。

入院してUSB電源で困ったこと

緊急入院で困ったことがあります。それは持ち出してるスマホ等のIT機器の充電機器は差込口がUSB系で病室にAC電源があっても充電できないことです。病院にも売店にもないと言われ86才の母親に持ってきてもらいことになりました。一度来た母親にあした持ってきてと頼んだら今日中に隣の家の奥さんに探してもらい更に車で母親を連れて持ってきてくれました。感謝いたします。

のどが渇いてしょうがない

腸が不全の緊急手術を行い、腸の空洞がつながったと確認されるまで食事がないです。点滴二本が食事です。鼻には喉付近までにたまった水分の吸引装置をつけてます。これは吐き気を防止する装置だそうです。これが曲者でだ液まで処理してしまいます。喉が乾いてしょうがないです。そこでナースさんに2時間おきに濡らしたティッシュを持ってきてもらい口に含ませます。

散歩を奨められた

昨日の緊急施術は新山手病院で身構える暇もなく一瞬で終わりました。傷口の痛さはなく今日歩ける状態です。入院初日で驚いたことを聞きました。立ち上がられば散歩して良いよと。どんどん散歩してねと。ただ点滴2本、膀胱にカテーテルがつながっていて散歩はナースさん付き添いです。長尾先生の話しをするも知らなかったです。

長尾和宏著病気の9割りは歩くだけで治る!を読んで気付いたこと

長尾和宏著の病気の9割は歩くだけで治る購入 | 武富武馬のブログ Takema Taketomi

体の異常は医者に行ったほうが良い死ぬ思いした

1週間前から体調が悪かった。胃がおかしかった。食べたもの飲んだものは全部吐き、下痢もなく便も出なかった。半年前から膀胱のあたりが膨らんでいた。これも僕らの年代にありがちな前立腺肥大と思い込み別件のもので時期を見て薬で治せばと独診していた。1週間仕事を続けていてチカラが出なくてフラフラしてきた。
我慢できなくなり12/13日に東京白十字病院の内科に駆け込んだ。レントゲンを撮りCTを撮り血液検査をした。すると結果が出だ。腸の膨らみは前立腺肥大でなく脱腸ヘルニアで腸が便でよじれて腸不全を起こして便が出なくなってた。胃から先は腸が塞がれているから吐き出していたのだ。
診察日に緊急入院さられ東京白十字病院の隣にある新山手病院に救急車で転院させられて、ここで緊急手術をしました。死ななくて良かったです。

ランチについて (2)

3ヶ月ほどの外食のランチで胃を壊したのが数回ありました。今までの支店の食堂でお腹を壊したことは一度もありません、しかもクモ膜下出血で生還したのも支店の食堂で食べ続けてたからとことが冗談で終わらないと感じてきました。
そこであしたからランチは支店の食堂に戻り食べ続けようと感じました。この支店の食堂の重役の人が今日食材を持ってきたときに群馬に(移住に)おいでよとまた言ってたのでひかれちゃう。

ランチについて(1 )

海の丼の丼丸 どんまる丼」から約3ヶ月ほど支店の食堂から飛び出して田無周辺のランチを食べてましたが、気づいたことがあります。昨日ランチの食後に冷たいペットのお茶を飲んで胃を壊してしまいました。夜から何も食べてないです。ミトコンドリアを活性化するにはたまに断食するのが良いそうで断食に挑戦です。先生によって糖質制限の根拠を初めて知りました。

“『ミトコンドリアは活性化すればするほど良いのですか?』岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦”