「はたらくアタマに」Welch’s(ウェルチ)」スマートスタート PET430ml

「はたらくアタマに」Welch’s(ウェルチ)」スマートスタート PET430mlです。信ずる者は救われるのかこのシリーズを一日おきに飲んでたら、気のせいか効果的なものが感じられました。ミスした時に速やかに解決できたことです。ミスした時に速やかに損害の発生を見極めて、損害が拡大を止めるかあるいは損害を生じさせないような判断ができました。柔らかく言うと損害は金銭賠償主義でお金にすると具体的にいくらになるかの世界ですが、ミスが貨幣価値のない事実上の迷惑へと向けることができたのです。←何言ってるかわからない。ミスを謝って済むことにできたのです。といことで大量に仕入れました。

住宅街の打ち上げ花火大会の恐さ

先日の台風でとある大学の学園祭が中止になりました。そこでその付近に住むお客さんに「学祭中止で花火大会中止で残念ですね」と、学祭の中止の時の湿気る可能性のある打ち上げ花火の処理はどうするのかと余談してみた。すると思いがけない返事があった。「打ち上げ花火は燃えカス落ちてくるから中止になってホッとしてる」と返事がありました。「毎年学生さんが花火大会後燃えカスを拾い集めてますよ」と加えてました。
気が付かなかった。燃えカスが落ちてくるんだ。確かに花火大会は河原とか山の中で行われている。

『海の上のピアニスト』La leggenda del pianista sull’oceano(The Legend of 1900)

『海の上のピアニスト』La leggenda del pianista sull’oceano(The Legend of 1900)もモリコーネが音楽を担当しました。あらすじは豪華客船で生まれ育って、独学でピアニストになり、廃船と共に船と一緒に消えた話です。これをモリコーネがサントラ曲を癒やし曲として作曲したとコメントしてます。

“1. 1900s Theme – The Legend of 1900”

以下のシーンは船で生まれ育った主人公がレコーディングするときに、窓から見える女性を見て即興演奏したシーンです。。

“The Legend of 1900 (1998) – ‘Playing Love’ scene [1080]”

以下小生のですがサントラ盤にはトランペットの独奏シーンの曲が入ってないから再現しました。

“The Legend Of 1900(La Leggenda Del Pianista Sull’oceano)-Ennio Morricone/武富武馬”

おひつごはん四六時中の牡蠣フライ定食

おひつごはん四六時中の牡蠣フライ定食(990円)です。そういえば牡蠣の季節のカキフライ。和幸とか松のやのカキフライはなんでスーパで売っているカキフライと味が違うのか検証してます。クリーミムコロッケのようなおいしさがあります。四六時中のカキフライをクリーミーでおいしかったです。さらに揚げたてでグッドです。