2階に昇るのが大変

クモ膜下出血の後遺症は、幸いにもなかったのです。ただ、まだ上り階段が苦手です。
2階建ての一軒家に住んでるのですが、二階に昇るとき、足が上がりません。全体重分を足で持ち上げるのが大変です。

倒れる前は、上り階段を無意識に何の苦もなく昇っていたのに、三ヶ月の意識不明で体力がすっかりと落ちてしまったようです。

薄皮 こしあんぱん ヤマザキ

DSC_0316_F0

ヤマザキの薄皮こしあんパンです。こしあんパンのほうがボリュームある気持ちがします。

DSC_0317_F0

多摩湖に散歩に行く

IMG_1799

今日は散歩に多摩湖まで徒歩で出かけた。

多摩湖のある村山貯水池は狭山公園の中にある。

IMG_1804

うっそうと茂った山側に登れば森林浴もできる。

IMG_1803

多摩湖(村山貯水池)は、人工の都民の水瓶になっている。

IMG_1809

今日は祝日で、多くの人が訪れてた。写生組が多かった。

DSC_0294_F0DSC_0295_F0 IMG_1834 IMG_1827 IMG_1824 IMG_1817

西武鉄道萩山駅

DSC_0273_F0

↑ 多摩湖線

萩山駅には、西武鉄道拝島線。多摩湖線が接続している。

萩山駅の拝島線の下り方向には、ブリジストンの引込線があったが、府中街道との立体交差の陸橋を設置するときに廃止している。もともと、この拝島線は東大和市にあった米軍基地への引き込み線を利用した線路だそうだ。

DSC_0264_F0 DSC_0263_F0

↑拝島線下り

 

 

DSC_0279_F0

↑拝島線上り

西武多摩湖線八坂駅 その2

先日西武鉄道多摩湖線の八坂駅について触れたが、一言忘れてました。
DSC_0261_F0

西武鉄道の支線は、西武新宿線の小平から枝分かれして網の目のようになっている。元々は別の会社だった(武蔵野鉄道、川越鉄道等)が西武に合併された。

八坂駅は、むかし線路の反対側にホームと駅舎があった(当時からは坂駅は借りていると言われてた)が、改良後は線路の北側に移動した。

八坂駅を出発すると府中街道を抜け、すぐに国分寺線と交差するが、別会社だった国分寺線との連絡駅はなく、むかしから立体交差だった。

来生えつこさん

シルエット・ロマンスは、来生えつこさんの詞である。「ロマンス仕掛けてきて」と、大人の女性の詞で聞き入ってしまうほどである。彼女のシルエット・ロマンスの歌詞は、とてもエロティックにも聞こえる。
いろいろな方がカバーしてるが、大人の女性の歌詞からして、オリジナルな大橋純子さんが一番良いのではないだろうか。
来生えつこさんは、西東京にお住いであるが、自宅の外を歩く様子は、高齢になられたせいか背中が曲がっていて、来生えつこさんとは気づきにくいだろう。嗄れ声であるが、テレビにはほとんど出ないせいか控えめな方である。

大橋純子 – シルエット・ロマンス

東村山消防署

DSC_0255_F0

東村山消防署。2014年8月8日にクモ膜下出血になった時、救急病院である災害医療センターに救急車で運んでくれたのがここである。その時は3ヶ月も意識不明になるとは思わなかったが、運ばれた後、うちの親はお礼を持っていったらしい。受け取ってくれたそうである。ありがたいことです。

DSC_0257_F0