ロメンキャッチャーLY

DSC_0155

ロメンキャッチャーLYだそうです。路面の状態はもとより、周辺の状況を調べるんだそうです。

急停車したり、進路変更したり危ない運転をしてます。

1.高速での「ひび割れ」検出を可能にしたフライング・スポット法
レーザを用いたフライング・スポット法により、最大時速80km という高速で幅1mm以上のクラックをすべて記録します。
2.光切断方式により正確な「わだち掘れ」データを提供
真上から走査されたレーザ光線による反射映像をCCDカメラにより記録する光切断計測方式を採用。採取した映像データをリアルタイム画像専用処理機で自動解析し、正確な「わだち掘れ」データを提供します。
3.非接触変位計を用い高精度な「平たん性」データを自動解析
真上から照射したレーザ光線の反射にレーザを用いたフライング・スポット法により、最大時速80kmという高速で幅1mm以上のクラックをすべて記録します。より路面からの高さを検出し、距離信号を重ねながらビデオに収録。リアルタイム画像専用処理機により自動解析し、高精度な「平たん性」データを提供します。
4.道路利用者の視点である乗り心地に関係する「IRI」データを提供
加速度計およびレーザ変位計により収集される縦断プロファイルデータを収録し、走行快適性等の評価に利用される「IRI(International Roughness Index)」を提供します。

wpid-13895342659430.jpg