牛のすき焼き風煮定食 支店の食堂

20131030_124737

 

支店の食堂の牛のすき焼き風に定食です。

前の支店と味が変わったという疑問を解決させてくれる出来事があった。

前の支店の食堂業者は群馬県にある平成フーズ。週に何回か、群馬からワゴン車で複数の支店に食材を納品に来る人がいる。きょうたまたま、今の視点にも納品に来たところを見かけて会話になった。

同じ食堂業者なんだ。で、メニューも日々同じで食材も同じ。なぜ味が違うのかと疑問を投げかけた。

「作る人にもよるんじゃないか」と。

そっか。なるほど納得。

前の支店の時もよく会話してた食材の配達の人は、今日気づいたのは管理者系の人だそうです。

「前の支店のほうが味が良かった」と言ってよかったかどうか。。