メリー・ホプキンの「悲しき天使」のカバーです

メリー・ホプキンの「悲しき天使」のカバーです。
聴いてるとサビの部分が気持ちいいです。

Those Were The Days-(悲しき天使)Takema Taketomi

Canon PowerShot N (1) 外観編

IMG_0941

CanonのPowerShot Nという日本ではキャノンオンラインショップでしか販売してないデジカメモデルがやっと到着。これは6月10日発送分で、5月20日に予約していたものです。内容品は上の写真ですが、左の2つのマルチホルダー(税込価格:3,150円)は、本体とセットの抱き合わせで(要らないのに)買わされたものです。待たされたな。何度キャンセルしようかと迷ったことか。

CanonのPowerShot Nは、キャノンのニューコンセプトモデルです。スマートホンの普及でコンデジの売れ行きが悪くなっているので、スマートホンと共存していく新しいコンデジというコンセプトで開発したと思われます。

特徴は、クリエイティブショットのモードがあって、一回のシャッター行為から、オリジナルを含めて計6枚の「アングル」「構図」「色、光」をやってくれて保存してくれる。写真ロボットのようなもの。撮影後にソフトを使って、いろいろ加工しなくてすむかもしれないから、おいらみたいなめんどくさがりにはいいかもしれない。

USB充電ができます。

Canon PowerShot S110と大きさ比較です。PowerShot NのNマークがニチレイの冷凍食品のマークみたいです。輪っかは、PowerShot Nの方がおおきいんですね。

そうそう、ちなみに、シャッターボタンは、輪っかの外側の輪っかにあって上部にはないんです。

DSC00212

飛び出たレンズみると両者が異なりますね。

DSC00216

背面の液晶はタッチパネルで、ボタンは少ないです。そして、液晶がべろっと動かせて、変わった角度で撮れます。写真のように立てられるけど斜めになるし、背面を広げなくても立てられます。

DSC00219

iphone4などど大きさを比べます。下の左は一番小さいSONYのCyber-shot DSC-WX200。下の左から二番目は、PanasonicのLUMIX DMC-TZ40です。イメージセンサーが一番大きいのはCanon PowerShot S110。

20130611_135244

とりあえず充電しないと。

20130611_135350