ニトリで椅子を買ってきた

isu.jpg
安い椅子は長時間座ってるとおしりが痛くなってひどい時は頭痛がしてくる時あります。
むかし高田馬場にあったルノアールなんかは、長居されるのを避けるために、わざと座り心地悪い椅子ばかり置いてましたね。
車のシートは長時間座っていてもおしりが痛くならないから、車のシートみたいな椅子を探してました。
(だからといって、おいらはむかしから痔じゃないです。切痔でもないです)
ニトリに行ったらありました。5990円。まあまあなお手頃価格です。

長く座っても疲れにくいように腰部分をサポートするクッション付き。

isu2.jpg
ネジは4本。プラモデル感覚で組み立てました。
isu5.jpg
isu4.jpg
isu3.jpg

へそまんじゅう(Navel Steamed Bread) へそまんじゅう本舗

P1000683.jpg
へそまんじゅう本舗のへそまんじゅう。キューピーのおへそと違って、へその穴の中が黒いです。
生菓子扱いで日持ちしない設定で好感持てます。
よくみると、箱には、へそまん総本舗って書いてます。いい加減ですね。店の看板には、へそまん総本舗って書いてます。でも、包装待ちの時に、ほかほかのできたてを2個くれたから許します。
P1000685.jpg
P1000675.jpg
hesoman.jpg

梅羊羹 へそまんじゅう本舗

P1000680.jpg
へそまんじゅう本舗の店で売っていた梅羊羹。
白あんの羊羹に梅肉が入ってるようだが、梅の味は少ないか、気付かないです。うすしお味がします。
日持ちしない商品の設定は、逆に新鮮さのイメージがましますね。
下の写真見ると、へそまんじゅう本舗のおみあげは、製造が奥多摩観光サービスステーションになってました。
へそまんじゅう本舗の社名かな。
P1000677.jpg
P1000671.jpg

くるみ大福 吉川製菓

P1000692.jpg
これも吉川製菓のくるみ大福。
P1000691.jpg
P1000666.jpg

奥多摩草だんご 吉川製菓

P1000688.jpg
青梅市御岳にある吉川製菓の奥多摩草だんご。
水分量を少なくしてロングライフな日持ちするだんごです。味は見たとおりです。
下にある、裏面ラベルには、御岳の吉川製菓だそうだ。土産物製造会社みたいです。
P1000689.jpg
P1000672.jpg
P1000673.jpg

奥多摩湖(小河内ダム)

okutama08.jpg
東京都西多摩郡奥多摩町にある奥多摩湖、小河内ダムに行って来ました。
ダムの水を使った水力発電所、東京都交通局 多摩川第一発電所があります。
okutama09.jpg
ここはまだ、日向和田駅。先の方に、帰りに寄ったへそまんじゅう屋のへそまんじゅう総本舗がみえます。
へそまんじゅうの由来は、青梅が地理的に東京のまんなか、へその部分に位置するからと聞いたことがあります。へーそーかい。
okutama06.jpg
奥多摩湖の駐車場に車を止めて。
okutama07.jpg
近所に多摩湖とか狭山湖あるから、貯水池は珍しくないです。
okutama05.jpg
okutama03.jpg
発電所だ。
okutama04.jpg
へそまんじゅう本舗による。
okutama02.jpg
1個100円。高いねえ。
okutama01.jpg

日原鍾乳洞に行ってきた

nippara6.jpg
自宅から車で片道2時間かけて、東京都西多摩郡奥多摩町日原にある日原鍾乳洞に行って来ました。
動画を作ったから、能書きはあとにして、動画を見たほうが早いです。
音楽は、ブラームスのカバーの自作演奏です。
洞窟の中は、かなりの高低さがあって、高いところへの階段は、5階以上の建物の階段を一気に登る感じです。
足元は、湿ってて、ハイヒールを履いてこなくてよかった感じです。おかまちゃんは注意してください。
中の気温は10度前後ですが、湿度が高いせいか、涼しくもないです。
地獄の入り口はこんな感じかな。

nippara10.jpg
道間違えた。
nippara13.jpg
駐車場無料でした。車停めて。
nippara12.jpg
洞窟の入口はあそこだ。
nippara11.jpg
中は、迷路でしょう。お化け屋敷の入り口みたいです。
nippara.jpg
nippara2.jpg
nippara4.jpg
nippara5.jpg
nippara7.jpg
nippara8.jpg