Cyber-shotのDSC-WX200が届く(SONY)


1月25日発売のSONYのCyber-shot、DSC-WX200が24日到着する。
wifi付きデジカメが欲しかっただけです。
さっそく、wifiで、パソコンやスマートフォンと、つなげてみました。
それぞれ簡単につながるのはいいが、さて、実際に画像伝送するときに、それそれwifi送信の作業をするために、めんどくさい機器のタッチ操作をしなければならないです。
デジカメ側のwifiを常にオンのままだと、電池の消耗が激しいからでしょう。
そうすると、デジカメ側にwifi接続一発ボタンみたいのが欲しかったなと感じる今日この頃です。
機能的には、四年前に比べて、かなり高機能になっただけでなくて、値段が安くなった印象があります。

ポトフ(野菜コンソメ煮)(支店の食堂)


ポトフ定食(500円)。
太ソーセージと、野菜をコンソメで煮ただけのものです。何処かおでんです。

デミグラハンバーグ定食(支店の食堂)


デミグラハンバーグ定食(550円)。
手ぶれ補正機能をオフにすると、やっぱ、ビンあまです。

肉野菜炒め定食(支店の食堂)


肉野菜炒め定食(500円)。
もうすでに、定食レパートリーが、一巡した感も出て来ました。

大気エアロゾル(微粒子)週間予測

九州大学応用力学研究所の竹村俊彦氏のサイト”SPRINTARS”に大気汚染微粒子の予測を掲載してました。
「大気エアロゾル(微粒子)週間予測」
九州に非常に多いと出てます。中国から飛来してるんでしょうね。
「大気汚染粒子予測(動画)」

中国、北京の大気汚染

「北京の大気汚染指数 7年後も基準の5倍」(新唐人テレビより)

「大気汚染が拡大 汚染被害を隠蔽する当局」(新唐人テレビより)

「定点カメラでわかる、北京の大気汚染 」

すごいことになってます。
「中国、北京の大気汚染対応で新規則を発表へ=新華社」

 [北京 20日 ロイター] 新華社によると、中国政府は、北京の大気汚染10+ 件対策で新たな規則を発表する。こうした規則は異例。
 中国では、大気汚染の悪化が政治に対する不満増大の原因となる可能性が浮上している。
 規則は、前回臨時対策として発動された措置を正式な規則と位置づけたもの。大気汚染が適正水準を超えた日は、工場の閉鎖や石炭燃焼の自粛、一部車種の走行禁止などが含まれる。
 北京では、大気汚染の水準が国際的に定められた基準ぎりぎりの日が多く、18日夜にもスモッグが市内の大半を覆う事態となった。政府はこれを受け、屋外活動を自粛するよう呼びかけた。
 国内メディアは、政府当局者らが家庭でもオフィスでも高価な空気清浄設備を利用していることなどを報じ、大気汚染10+ 件問題はこうした特権や格差拡大に対する国民の反発につながっている。このため、大気汚染問題は指導部にとって一段の関心事となっている。
 
 直径2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度は300に達すると危険水準とされており、世界保健機関(WHO)は一日の基準として20以下を推奨している。
 19日の一部市内の「PM2.5」濃度は400、先週末には755となっていた。
 当局者らは当初、「PM2.5」を大気汚染指標から排除し「霧」と表現していたほか、ある当局者は、米大使館がネット上で独自に「PM2.5」濃度を公表しているのは内政干渉と批判した。
 だが現在は、国営メディアが大気汚染10+ 件を主要な問題として報道することが可能となっているもよう

生チョコがおいしいキャラメルアイスバー オハヨー

fc2_2013-01-21_11-46-45-193.jpg
オハヨーの生チョコがおいしいキャラメルアイスバー。
キャラメルコーティングでなくて、キャラメルアイスの中に生チョコが入ってます。
妙に柔らかいアイスバーで、ビニールから出しにくく、切りにくい。
とても美味しかった。リピありでしょう。
fc2_2013-01-21_11-47-43-116.jpg
fc2_2013-01-21_11-47-54-024.jpg