キューティ・ブロンド

「キューティ・ブロンド」(01年アメリカ。リーズ・ウィザースプーン。ブロンドの女性が周囲の偏見にめげず、法律家としての成功を目指し奮闘する姿を描く。ロバート・ルケティック監督)少女コミックのようななかなか面白い映画でした。
うちのオーストリアンクリスタルは最近よく出るのですが、出所はロスのハリウッド系で、アメリカ映画を観る時には女優さんのアクセサリーに注意して観ています。

うれしいレヴュー

ACIDPlanetのChristmas MemoryにドイツのSERIOUS FUNさんに書いてもらったレヴューはうれしいですね。「日本に住んでいたら一緒にやりたい・・・」と。その気になればネット送信でファイル交換すればよいのですから。とりあえず音楽ファイル送って「ドイツ流にいじってよ」とすればよいのです。ドイツ系のポップはテクノ系で硬く機械的な音質の曲がイメージされます。あのエニグマ(Enigma)のデビューはドイツでしたっけ。
でもSERIOUS FUNさんの自作曲は3曲しかアップしてないからお礼のレヴューが書けません