店員さんと間違える

そういえば先日、100円ショップに梱包テープを買いに行ったとき見つからなかったので、エプロンした20代の女性に
「ガムテープみたいな幅が広いセロテープどこにあります?」と聞きましたら、
きれいな笑顔で「・・あたし店員じゃあありません」と返されました。
エプロンして標章つけていかにも店員さんと間違えました。
思えば、むかし地味斜めストライプネクタイの白ワイシャツで腕まくりのチャコールグレーのスラックス姿で、高田馬場の芳林堂書店に冷房涼みに入ってましたら、
「・・~○○の本どこにあります?」
と知らない人に聞かれたものです。
「その本でしたらあそこの突き当たりの右の本立ての下に平積みしてます」
と言って逃げたものです・・・・。(後半は作りが混じってます)
-----—-
そういえば知り合いの都心に住む女性(脳腫瘍で今は故人です)で尾瀬あたりにハイキングに行ったとき、地元の人と間違われて地元の道を聞かれてショックだったと・・・。
-----—-
登記所申請の仕事してた知り合いがいるんですけど、その人いつもボロボロの紙袋でズボラな格好してるのです。地方の登記所行ったとき、合同庁舎のようなところの警備員に登記所の場所聞いたら、「登記所はあんたのような人が行くところじゃないよ」と軽くあしらわれたそうな。