個人サイトがんばれ

このブログにも再三触れていることですけど、IT系の人たちの営業も含めてあたかも教壇に立っているように語りかけてくるんだろうと感じます。実証や実体験が少ないマニュアルがあって一人歩きしているんだろうと思います。教鞭をとるような主張をするなら、主観と客観をきちんと分けてから説得力ある形式的根拠と実質的根拠が必要であると思います。ネット販売の歴史自体が短いのですからマニュアルができたとしても薄っぺらいものと思われます。そんな薄っぺらい歴史を振り回して定型的に語ってくるから、結果・効果が見えない語り口になってしまうのです。
ショッピングサイトのインフォ部分に最近、”WEB管理:たまにねっと”と入れるようにして追い払ってます。へなへな電話してきたIT系営業の人は途中で気づいて「失礼しました。見落としてました。」とあわてて電話を切ってくれました。
個人サイトには定型なんて存在しないから面白い。eコマースより歴史が長い。個人サイトの管理人は日々サイト運営の経験を積み重ねてる。別の角度からの要素として、「文は人なり」と類似で「ホームページは人なり」という管理人の性格が表れやすい。
とすると、店舗サイトも店の人が自ら作っていく方がお店の中の雰囲気・店の責任者の性格が伝わりやすいのではないでしょうか。そうすると「ラヴ・ハート」は「pon2 music」の形を変えたサイトだろうと気づく人は気づくのです。

Pちょコム

『電子マネーPちょコム』がセブンイレヴンでも使えるようになったらしい。
うちの決済は、カード決済と郵便預金ぱるる前払いが半々でその他の銀行が散らばっている。Pちょコムも設定してたときありましたが、指定してきた人が独りもいませんでした。また現金化するのにかなりの手数料をとりそうです。郵便局のゆうちょぱるる送金ってかなり使われてますね。振込み指定口座を多くすると小額が散らばって、後で集めるとき大変なんです。ネット送金で集めれば手数料かかるし、手数料無料にしたいなら近所の銀行店舗をはしごするのです。
きょうは急ぎのお客さんが注文後電話してきて、郵便預金のぱるる振込み方法を聞かれました。とりあえず明日届くように先に商品を発送して、振込みは時間あるときでいいということでしたけど、今日中振り込まれてました。ん~振込みに行く行為って結構面倒だとおもいます。めんどくさいですね。
おすすめなのが『ゆうちょインターネットホームサービス』で手続き無料で完了まで半月くらいかかる。夜11時半までと朝はたしか6時か7時くらいからぱるる送金できるのです。
でもセブンイレブンに行って「Pちょコムください!?」と店員さんにいったら「カバヤのチョコですか?トーサンですか?チョコガム?」と聞かれそうです。
ふと、もしチョコガムという製品あったら最後に飲み込んでよいかわからないですね。口の中チョコ色になりそうです。チョコ風船ふくらまして破裂したら、チョコしぶきでまわりに嫌われそうです。