JR西日本脱線事故を詭弁報道する報道体質

報道機関は自らの報道姿勢についてなんら侘びをいれずに、「事故後JR西日本の現場職員が、客から有形力の行使を含む嫌がらせを受けてる」ことを報道し始めてますね。
報道機関の論理とすれば、「一般人からのいやがらせが増えている。やはり一般人のJR西日本に対する批判が強まっている。だからこそ事故後JR西日本を追及するためペンをにぎったのだ」という思い込みがあるんですね。
こういう詭弁体質は、報道機関特有の体質なんでしょうか。

JR西日本記者会見で罵声を浴びせたヒゲ記者の正体 読売新聞大阪本社社会部遊軍 竹村文之

JR西日本記者会見で罵声を浴びせたヒゲ記者の[正体] 読売新聞大阪本社社会部遊軍 竹村文之

[清谷信一]“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制②
参考ブログです。