懸賞サイトのメールアドレス販売業者

先日書いた会員のメールアドレスを第三者に売っている懸賞サイト業者から電話がありました。
「こちらからの資料のメール届きました?」と聞かれ
「いや、ジャンクメールフォルダに入って気がつかないで消去したかもしれない」と言うと
「その後どうですか?アドレス集められますか?」と聞いてきた。
先日当店はメルマガに頼らないと伝えて断ったのであるが、また同じ内容の電話を掛けてきたので、
「おたく個人情報保護法知ってるの?」と声太に問うと
「知ってますよ。会員にはちゃんと承諾とってますよ」という。
懸賞サイトの会員がメールアドレスを第三者に売買されることまで承諾してるのだろうか。
「じゃ個人情報保護法の条文を読んだことあるの?」
「条文ですか?」
「あんたのとこでメールアドレスをうちに売ったら、うちにも迷惑かかることになるでしょ?検挙厳しく指導してもらうよ」と言うと、
「どうも失礼しました」とあわてて電話を切られた。
今思うと、もっと誘導的にメールアドレスの相場とか聞き出せばよかったと思うのです。
ジャンクメール・未承諾ダイレクトメール撲滅運動を計画中です。