Casablanca

“Casablanca”:Bertie Higgins「カサブランカ」はバーティ・ヒギンスの作品ですね。ヒンギスでなくてヒギンスです。この曲は今聴いてもなかなかいいです。ウエストコーストサウンドですね。加山雄三みたいです。若い頃は、自分が気に入った曲をお気に入りの女性に聴かしたりするのですが、反応が想うほどじゃなくて、人それぞれであると感じたものです。
そうそう、この傘売らんかじゃなくってカサブランカは、郷ひろみが「哀愁のカサブランカ」としてカバーしてヒットしましたね。電撃離婚からどうしたんでしたっけ?

I Like Chopin

最近、かなり久しぶりのカセットテープラックの引き出しを開いて、これでも聴こうとテープを選んで聴いてます。やっぱレコードからダビングしたものは音が馴染めるのです。頭痛してるときCD聴くと頭に針が刺さる感じです。
“I Like Chopin:Gazebo”(アイ・ライク・ショパン)のロングバージョンを聴くのも久しぶり。「雨音はショパンの調べ」は、小林麻美がカバーでうたってヒットしましたね。
この曲は、スローなユーロ・ビートにピアノの旋律がきれいに響いてますが、小林麻美のロングバージョンの方が耳障りがよいです。ですが、今聴いてみると、思ったほどいい曲と感じられませんね。ロングバージョンでピアノの同じ旋律を何回も聴くとさすがに耳障りとなります。小林麻美は結婚して引退したのでしょうか?