2005年トップレス

2005年アクセスランキング
1位:「ガラスの部屋」
2位:「省みて帰らぬ青春の日々」(「木星」組曲「惑星」よりOp.32)
以上が2005年のアクセス上位です。”Pon2 Music”が選曲のネタ元?と思わせるように反動するところが人の流れですね。
冬ソナブームで「愛はかげろう」がいわく付きの上位です。
冬のソナタの主題曲についていろいろ言われてるようですが、日本の歌謡曲自体韓国にルーツがあるといわれてますし、日本のヒット曲の源泉をたどれば、洋楽ヒット曲だったりもするものです。

2005年問題、解決おいらん丸

昨日、pon2のディレクトリーをすべて(多分)Copyright (C) 2005と書き変えました。これで来年になったら誰かのサイトが古い年号のCopyrightをつけてたら、「ふりいー」と指摘してあげましょう。いまだに1900年代をつけてたら「スーパーフリー」と早大生の恥のようにあだ名もつけられるかも。
ただCopyright (C) 1900-2005と継続した表記が望ましいですが。。
あしたはいよいよクリスマスです。
自分のサイトにクリスマスの飾りをつけてしまった方は、年内には取り除かないと「ふりいー」と言われてしまうかもしれませんね。来年に持ち越せば「スーパーフリー」ですよ。

「年賀状送ります」大募集

応募した方先着二名様に**Pon2 Music**&**Love Heart**の年賀状をお送りします。
(今エクセルでデザインを始めたばかりです)
応募は、メールでお願いします。
期限:2004年12月31日まで。
当選者は発送をもって代えさせていただきます。

ああJASRAC

本当はこのWEBログに打ち込みながら”Pon2 Music”楽曲をストリームしたいのですが、まねされると困るわけです。
白紙の状態から音を重ねてひとつの楽曲を作って無料で提供した場合でも原作曲者へJASRACを通じて使用料を払うのです。使用料は各サイト単位でサイト内でストリームをする限りで許可を受けてるのです。
自作音楽でなくて販売されてる音楽CDをネットで流す場合は、CD会社などの権利も含みますので個人ではストリームするすべが現段階ではないのです。
そうすると名曲をネットで流す場合は、JASRACでお金払って許諾を受けて、しかも音楽ファイル自体を自作するしか方法がないのです。
でもMIDIサイトなんかみるといまだにJASRAC楽曲を許諾なしに流してるのをみると、不公平感は否めません。正直者は損をするという感じですね。

Copyright (C) 2004

Copyright (C) 2004 .
というサイトの下部にある表記ですが、
今年の2004年になってからちびちびとすべてのページにあるCopyright (C) 2003.表記を2004年に修正してたのですが、すべてのページの修正を終わらないうちに今年もあとわずかです。こうなったら来年持ち越しで2004年表記を完遂しよう。
なんちゃって。
ところで多摩川のたまちゃんの人気はどうなったのでしょうか?

OB会報

最近めっきり発行が増えたと感じられます”Chimes“といういわゆるOB会報は例のごとく支援金のお願いでしめくくられてます。
紹介サイトの写真は現在毎年恒例のクリスマスツリーが飾られてますが、現在どこもかしこの駅・商店街などわざとらしいイルミネーションですが、現役時黄昏時に光るキャンパス内のイルミネーションはとてもロマンティックでしたね。当時女性のクラスメートがこのクリスマスツリーを見ながら「かわいい~」と言ってたので、「かわいいってことばおかしいんじゃないの?」と今ではどうでもいいことを突っ込んでたことが想いだされます。
十一月下旬に点火祭があって、キャンパス内の初等部の学生がツリーを囲んで何かやってた光景が想い出されます。”降誕節”(あら野のはてに)か何かを合唱してたのでしょうか?
「クリスマスメドレー」Pon2 Music。自然なコーラスにしたい苦心ありましたが、悪くないでしょ?