ウイルス・セキュリティソフト

「Norton Internet Security 2004」年内に有効期限が切れるので、ソースネクストの「ウイルスセキュリティ」に乗り換えた。ウイルスセキュリティをインストールするには、ノートンウイルスソフトをアンインストールしないとインストールできないようになっているが、ノートンをアンインストールするのに一時間以上もかかってしまった。ノートンは、通常の追加・削除のところで削除できないようになっていて、ノートン自体を無効にするとネットワークが遮断されてしまい、これ自体がウイルスと感じるほどパソコンにこびりついているのです。
数年前急逝した知り合いの石原くんもこのノートンに苦慮して、「アンインストールできないからむかついてゴミ箱いれてやりましたよ」といっていたのを思い出しますが、2004年バージョンはゴミ箱すら捨てられないほどこびりついてました。
最終的には、コントロールパネルの管理ツールのサービスに行き着いて、無効に設定したうえで、ノートンのインストール用実行ファイルを開いて「削除」できたのですが。。
もともとノートンは、Windowsのプログラムやプログラムバグを利用してハイエナのように大きくなったイメージのあるメーカーですね。これがこんなにも削除に苦労するかと思うと、OSのWindowsよりも偉くなったのかと嫌悪感を抱かざるを得ないのです。ノートンのゴーストなんかOSの下の階層に潜んでいますから。。
そこいくとウイルスセキュリティーはシンプルで軽快です。こんなチープなので大丈夫かなと感じさせてくれます。