中国人留学生のその後

昨夜の話し。
十年位前上海に帰国した、日本で学校の掃除のバイトをしながら中国人留学生だった知り合いに十年ぶりに電話してみた。国際電話はどこが安いのか調べるのが面倒なのでとりあえずKDDIでニィハオ!。彼女は、日本語がむかしよりも堪能になりましたが、カメラのニコンの上海支社で勤めていると聞いて納得しました。
あのころのフィアンセとの留学終了帰国後、すぐに結婚して八歳の息子がいるという。そんな中国は、日本の少子化と異なり、子供はひとりしか造っちゃいけないから男でよかったと言っていた。
「何かやりたいなら中国においでよ。何でも始められるよ」と執拗に誘われる。
気づいてみれば三十分以上も談笑してしまったので、あとから送られてくる国際電話請求書が怖くなり、メールアドレスを教えあって電話を切る。
朝起きると、彼女から「・・・・音楽!?・・・」と騒がしいメールが入っていた。メアドに書かれているアドレスを訪問したんでしょうね。
今思うと、IP電話だからKDDI使わない方がよかったんじゃないかと・・・。