上毛電鉄と大胡

上毛電鉄の中央前橋は、JR前橋駅から離れていて、反対の方向を向いているのでかなり不便ですね。
起工当時の前橋小山間の両毛鉄道(現JR両毛線)が、伊勢崎経由をとったから、孤立を恐れた大胡地域の人が資本を投じて、上毛電鉄を作ったそうです。鉄道の免許は、前橋桐生間と大胡本庄間(伊勢崎経由)を申請していた。
前橋桐生間の両毛線が、遠回りの伊勢崎ルートをとったのを見ると、日本の鉄道のひき方として、都市と都市とを短絡的に直線的に結ぶのではなくて、ある程度の規模の街を経由の迂回をしながら結ぶということがここでもよく見えるのです。
この技術は、第二次世界大戦中に、日本が朝鮮半島などに残してきた技術の一つと聞いたこともあります。
とはいえ、場所によっては、その迂回された地域の有力者の方が、力が強かったこともありましょう。
本庄大胡間の鉄道が実現していたら、あのへんに実家がある人たちは、実家に帰るのに楽だったろうと思うわけです。本庄からタクシーを使わなくもよいし、実家の人に本庄まで車で送ってもらわなくても済むわけです。
なんの話しをしてるんだろう・・・・。