教育者モラル・教育事情のふと思ふこと 1

?2001年11月23日(金)ほどよい強制力を
大学時代に経済学を専攻され、ブリジストンの出向先の工場長も経験されて定年退職された知り合いにバッタリ会い、5分だけという約束でコーヒーを付き合わされた。
(一時間以上はなしてた・・・)
話し好きな人で、一般人として、企業戦士として、高度経済成長時代の社会を生き抜いてきた人ということで、
いろいろな話しを聞けるし、それだけいろいろな知恵ももらえる。
茶飲み話しがつきたころ、単刀直入に、
「”教育”ってなんでこんなになっちゃったんですかね?”学校崩壊”とか”教師のエンコー”とかですよ」
「景気変動と社会的モラルの質とは、なにか関係あるのですか?」
とふたつをいきなり聞いた。
「そんなこと今まで考えたことはなかったし、考える必要もなかった」という彼のことばを前提に、
会話をかわして、それなりのキーワードがみえてきた。
・学生の意見を聞いてみること。
・学生への教育は、”あるていど強制力(適度の有形力の行使)”が必要。その強制力は、学生にとってはいつかはありがたく思うこと。
・教師のモラル向上は、本来は罰則以前の問題だが、教師への罰則・制裁を強化すべし。
(ちなみにその知り合いは、学生時代麻布中高ですごされ、”鞭”を使ってた先生もいたそうです)
景気変動と社会的なモラルの質との関係については、やはり否定できないということです。
日本の景気の先行きが不安定で、さらに悪くなるという人もいるが、ならばモラルの質は向上するのかということですが、それはわからないということでした。
-----
“ほどよい強制力”ということばですが、”親のシツケ”にもあてはまると思います。
この点、”児童虐待”が増えているので、誤解を受けると困りますが、 児童虐待の”虐待”ということばの境界線をはっきりさせないと、将来、学生体罰禁止の風潮の時と同じツケがまわってくると思った。
ちなみにわたしも幼いころ悪いことをすれば尻をたたかれ、誤らなければ食事も抜かされた。
だが、けっして尻以外はたたかれなかった。
—-
ここの「ときたま思ふこと」の連載の最終回を前にして。
ひとつの物事について、”いろいろな見方・考え方がある”ということについてと、それらを”聞いてみる”ことと”考えてみる”という、ひとつの方法として書き続けてきました。
短い間でしたが、ありがとうございます。
?教職員の技術よりもモラルを(2001/9/20)
「ときたま思ふこと」は、ときたまのはずが連載を始めて毎日掲載してしまいました。
三日坊主にならないようにと・・・身の程知らずの独り言でした。
今年の五月頃、東京の渋谷区立小学校に新設されたパソコンルームへ見に行った。
教室に25台のパソコンが置かれていた。学校の人が言うには、機材があっても技術を教えられる人が学校にいないらしい。学校の中の先生でパソコンが詳しい人やインストラクターの委託など。とはいっても、技術面を教える人を見つけることはたやすい。
しかし、ネット上のモラルを教えることができる人がどれだけいるのだろうか。学校の先生自身のモラル教育が第一に必要な今日、ネット上のモラルを教えられる先生は少ない。
先生は権力をとられ、権威も低下していき、技術もなくモラルもない・・・。
ああ!!先生どこへ行く。
と思った。

北海道よおまえもか?

北海道狂牛病
狂牛病
“北海道”ですか・・・。検査を強化したから引っかかってしまったんでしょうけど、いままで、流通に出回ってて、狂牛病の陽性牛を口にしてたってことですね。
原因は、”肉骨粉”であってほしいというところですか。食品のイメージ部分はかなり影響しますね。
これから”雪印”さんも大変かと思います。そういえば、北海道といえば”羊”もヤバイらしいですね。
お歳暮の季節。どうしましょうか?

エールを贈れるか?

匿名掲示板2ちゃんねるの管理運営能力について、疑問を抱く方はたくさんいる。
日本の電子立国というテーマではよく紹介される西和彦氏。
彼は、アスキー出版を作ったり、米マイクロソフトの取締役も経験された人である。
その彼が、「1ch.tv」という新しい匿名掲示板を立ち上げた。
“人にやさしい掲示板”がテーマだそうだ。
いずれは小額有料掲示板になるらしいが、便所の落書きの2ちゃんねるのような匿名掲示板を有料便所にすることによってどれだけの優良な情報が集まるかどうかは、今後の西和彦氏の運営能力を期待したい。
とりあえずわたしは「1ch.tv」にメールを打ってみた。

自分を防御するための匿名性は、権力・社会的な権力・公共性高い事柄・自分より強いものに向かっての言動行使こそ、はじめて価値や必要性が高まるものと思う。

信用できない男

朝のテレビ。米テロ関連で、今後のアフガニスタン支援と自衛隊とについてを加藤紘一にコメントを求めていた。
忘れもしない。
彼は、昨年自民に内部テロ(クーデター)を仕掛けるが、失敗に終わり、自分のかわいさあまり離党できず国民をだまして石ころのように捨て、自民にとどまった信頼できぬ男である。
喧嘩知らずに起こした、ドタバタ喜劇の主役のこんな負け犬のコメントには、もうだまされない。

看護師

現在の看護職の法律上の資格の名称の、「看護婦」「看護士」を、「看護師」に統一する動きがあり、早ければ来春から法文上に「看護師」が登場するらしい
わたしは、「婦」と「士」のことばの差が差別的だからと安易に考えてた。
いろいろな力が働いてるとのことらしい。
・男が看護に進出できるよう開設された「看護士」という資格があるが、実際の看護士実務は看護婦にうもれて肩身が狭く、同一名称にして看護婦と同等に働きたいという男側からの要請があるとのこと。
・看護団体としては、医療現場での地位のアップ向上を図るため、医師の同等の「師」という字が欲しいらしい。
これに対しては、医師会では反発しているようだが。
「看護婦士」という言葉も候補にあったらしい。
法文上の資格名と、実務上の愛称は必ずしも一致しないから、実務上では今までどおり「看護婦」という言葉は生き残っていくであろうし、女性の「看護師」に見てもらいたくて、わざと「看護婦」と呼びそうだ。
さらに「女看護師」というマニア受けすることばも生まれそうである。二時間ドラマ「おんな看護師事件簿シリーズ~五月雨のナース」とかしたら、視聴率がアップしそうだ。
冗談はともかくも、 看護学校に30代のリストラ組男性も入ってきている。看護のボランティア精神を具えていると信じるが、単に不景気だから安定した職種として選んだという職業的な要素が多ければ、医療看護の質の低下を免れないであろう。

天才?誰が?

才・英才教育を扱ったTVをバカバカしく見た。そのような差別的用語を賛美するものでないと思う。
自称天才?(誰が?)という漫才師が司会をつとめる娯楽番組に目くじらを立てることもないが・・・。
そもそも人類同士の遺伝子レベルを比べてみても、人類とほかの哺乳類と比べたほど違いはない。
比較の要素にならないものどうし無理して比べ合うから、わずかな違いに誇大性を持たせて生まれながらの能力の違いを大きく見せようとする。
そしてそれは無用な個人同士の葛藤心・紛争心を生み、憎しみも生まれてくるだろう。
人によっては厭世観を呼び起こすことにもなる。
社会から見て、ある個人がどのような事柄について、どのような能力があるかを自然に気づかせてあげて、人為的でなくその能力を引き出してあげることこそ重要であると思う。
引き出された能力は自発的に社会に還元されるだろうし、結果的に社会に利益をもたらすと思う。
個の能力に社会から気づかせてもらえないままみずからいのちを落とす方がいるので、天才には程遠い自分の無能さに気づく。
こころからご冥福をお祈りもうしあげます。

されど狂牛病

「噂の真相」12月号(11/10発売)からおもしろい記事。
<農水省が、牛の肉骨粉の使用禁止措置をにぶらせた理由>
・屠殺場業務は、被差別部落出身者で占められていて、いわゆる”同和タブー”があったこと。
・肉骨粉を原料にする配合飼料の大手メーカーに日清飼料株式会社があり、この会社は日清製粉の100%子会社であるから、いわゆる”天皇制タブー”があったこと。
そして、流通の流れを把握できない”牛肉取引闇ルート”で流れた牛肉の危険性について触れている。

対極するタブーが重なったからというカトちゃんペのカトちゃんよりも強力なタブーだ。
「噂の真相」の記事をいまだに東スポレベルで聞き流す人がいたり、所詮、岡留(編集・発行人)がやってるから、とか鼻で笑う人がいる。
だからHP転載については、自分だけの判断に任せないで、10日発売の本記事について、今日(12日)、職場の数人に見せてから決めることにした。
すると、ウラがあるものだなと関心してた。ついでに、信憑性について聞くと、否定はされなかった。
-----
話し変わって、職場の先輩に、
「その話しにはウラのウラがあってな!!」と口癖になってる人がいる。
わたしは、「なんだ。ウラのウラはオモテだから、たいした話しじゃないんですか!?・・・で、どんな話しなんすか?」と聞くと、
「あのな!!・・」と苦笑いしながら声だかに話し始めるからおもしろい。