かんぽ不正でひとつの結論が出た

今話題のかんぽ不正。東洋経済によると以下になる

「かんぽの不利益変更が疑われる類型」1、二重払い。 2、不要な乗り換え 。3、予定利率の低下 。。4、新規契約の拒否。 5、保険金の支払い拒否 ・無保険状態 。。

日々の顧客との契約は管理職がチェックしてるはずだし、支社からも監査系が毎年数回チェックしてるはずである。にもかかわらず複数の疑惑が生じたので、管理職や監査が黙認してて結果的に企業ぐるみの詐欺集団と評価されてもおかしくない事態が生じてるのです。そこでかんぽとは関連別会社の管理者Hさんに素朴な疑問をぶつけてみた。「日々管理はチェックしてるはずだし監査もチェックしてるのに。黙認してたのか?企業ぐるみの詐欺集団ではないか?」と聞いてみた。すると即座に回答してくれた「管理も監査もそこまでのチェック項目でないし、結果的に客が不利益になることまで想像できてなかったのでは。」と僕らが想像するよりもかなりレベルが低い人たちのようです。彼らには詐欺の故意はないようです。詐欺罪には過失はないのです。それで報道は疑惑と言葉を使ってるのですね。ノルマ稼ぎにまい進するあまりに生じてしまった不利益契約なんだと。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて18年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。