かんぽ生命の不適切販売と日本郵政の株式売却

「かんぽ不正 株売却4月時点「重大と思わず」」(東京新聞参照)

かんぽ生命の不正 何をしたか→企業ぐるみの詐欺 被害者のほとんどが高齢者」で触れたように、かんぽ生命には以下の2点が問題になってました。
1.保険を二重契約させる
新規契約を6ヵ月以内に旧契約を解約すると→乗り換えとみなされ営業成績が半減する→6か月以上二重払いにして報酬up。
2.無保険期間をつくる
旧契約の解約から3か月以内に新契約を結ぶと→乗り換えとみなされ手当や英表成績が半減→3か月以上無保険にして報酬up
そしてさらなる論点が認識された。


日本郵政は四月、全株の89%を保有する子会社のかんぽ生命株のうち約25%分を売却した。この時点でかんぽ生命の経営陣が不適切販売の問題をどこまで把握していたかが焦点です


かんぽ生命株の売り出し価格は2375円だったが、6月の問題発覚後に大幅に下落。8 月9日の終値は16113円になった。日本郵政による売却前に問題が表面化していれば、かんぽ生命株を取得しなかった一般投資家も多くいたとみられる

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて18年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。