サイエンスウォッチを見て思う

Science Web(株式会社サイエンスウエブ)の社長さんの『寺門和夫のサイエンス・ウォッチ』という記事を発見する。過去にUFO等の偽科学説を論駁した『世界はこうして騙された』全二冊を読んでから寺門氏を自分の中で高く評価してました。
彼の「JR宝塚線はなぜ脱線したか」を読んでみると、
「現場は塚口駅・宝塚駅間の半径300メートルのカーブ部分でおこった。事故を起こした電車は宝塚駅に向かっていたので、・・・」
うっくこれはいただけない。事実誤記載ですね。すかさずメールを打ちました。
左右対称な物体が直線の高速で進むとその物体は水平を保とうとするわけですから、線路のカーブのための左右のレールの高さが違うと、低い方のレールから車輪が浮いてくるくらい素人でも想像できます。また、電車に載ってると分かるのですが電車のカーブは体感的にはカーブに滑らかでなく多角形(数百多角形)をギザギザに曲がる感じでガクガクきます。ポイントと通るときもポイントの衝撃以外にガクっときますよね。直進力がたまってますから。また、数編成電車のすべてに駆動させるモーターがついてるわけでないのですね(電車の横に”モハ”とか”クハ”とか記で確認できます)(1両目にモーターが付いてない編成とも報道あり)。また1両目にパンタグラフが付いていたか否かも「福知山線 編成」と検索すれば確認できると思います。
カーブの遠心力ばかり強調されてるきらいがありますね。
追記:
上記サイトの事実そのものの間違いを指摘したメールは無視されて、1ヶ月後後サイトの文章が訂正されているのを確認しました。メール無視の対応の悪さは、うさんくささを感じざるを得ず、決してお気に入りにはなりえないサイトと断定しました。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて15年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。