「社会-旧テキストサイトより」カテゴリーアーカイブ

三幸交通のモラル

一、「タクシー苦情」
タクシーから歩行者妨害を受けたことありませんか?
乗車拒否を受けたとか接客の悪さとかでなく、普通に道路を歩いてて
・自分の横をギリギリ通って行った
・横断歩道で客の乗り降りをさせてるため妨害された
・道を歩いていると自分を越えていったタクシーが
客の乗り降りのためドアが開き道がふさがれたなどなど、いろいろありますね。
わたしは主に東京都内の三幸交通のタクシーから歩行者妨害など危険な思いを受けています(わたしだけの独善的な感情でなく周辺住民も同じ被害を受けてますので)。
タクシー被害については2年前から個人的にこのタクシー会社にモラルの改善要求をしてきました。
ここでは、面白いエピソードを紹介していきましょう。
改善要求の段取りは経験的に身についてまして、タクシーの自動車や会社の特定性が高いほど効果があるのですが、なにぶん運転手はいわゆる雲助と言われるくらいで、せっかく改善されたものの、従業員運転手の回転が速く、一定のモラルの質の持続性が低いのです。

■財団法人東京近代化センター
東京の警察にタクシーの苦情を相談に行くと、都心部のタクシーの場合は、こっちで言ってくれと、たらいまわしされるでしょう。こちらへ苦情を言うとセンターの人が素早く視察に来てくれます。
くれぐれもクレーマーと呼ばれないように注意してください。
二、「魔の長方形」
関東の私鉄S鉄道のS線のH駅(東京都内)には、東口と西口があるが、同駅のタクシー会社(タクシーのいわゆるシマ)は三幸交通が占めている。東口には駅のロータリーがあるし、交番があるからトラブルは多くない。
しかし、西口には、ロータリーがない。駅の西口の階段を下りてから公道に抜けるには、S鉄道の狭い長方形の所有地を通り抜けなければならない。
このS鉄道の所有地は、むかし貨車操車場とその施設跡地で、荷物の授受の手続き場所もあったと聞く。
もっと古くは、S鉄道前身の国分寺・川越間の川越鉄道の駅構内だったとも推測もできる。
このS鉄道の所有地(いわゆる民間私有地)を一般人が横切ることついては、
・S鉄道自身がこの西口を作ったことと、
・階段を下りたところにはコンビニエンスストアーがあること、
・郵便局のCGも設置してあること、
・S鉄道の子会社のSバス発着場として利用していること、
などからして、一般人が、駅施設・サービスの利用をする範囲内でS私有地内へ立ち入ることは、S鉄道自身が、公の開放されたものとして認めていることは一目瞭然であります。
しかし同時に、三幸交通が、そのスペースを、タクシー発着場としてS鉄道から許可をもらって営業活動をしているのである。
このスペースは、タクシーが横列6台でいっぱいになり、クルマ縦列2台止められない長方形スペースだ。
それが、こともあろうに、横列で6台以上いっぱいにタクシーを止め、そのスペース入り口から公道上にも4・5台タクシーを駐車してるのだ。
タクシーの利用客をさばく回転率を考慮に入れたら、3・4台待機していれば十分といえる。
さらにスペース内で横列するタクシーは、一台発車するごとに、順送りで幅寄せをして、客乗せ場所まで移動してくる。
客待ちの雲助風体の運転手たちは、そのスペースを、休憩所にするドンちゃんさわぎの溜まり場になっているのだ。
三、
1,利用者の意見を参考に問題点のまとめ
・このスペースには、入り口に一時停止線もなく、歩行者の歩行を保護するための白線もない。
・客を乗せたタクシーなど、このスペースに突っ込んできて危ないこと。
–公道から私有地に入る場合は、一時停止すべき。
・S鉄道の西口階段に一番近いところをタクシー発着所のポールを置いてるため、この細長いスペースに横列駐車して、一台発車するごとにこのポールに幅寄せして近づいてくること、歩行者からは見れば、タクシーの運転手が、どのように車を移動せたいのか予測しにくく危険に思うこと。
・タクシーで埋め尽くされているため、Sバスが出入りするのに邪魔になって、歩行者も危険に感じること。
2,改善要求電話(何度目だろう)
三幸交通の当該駅エリア営業所に苦情の電話をいれる。
「H駅西口の三幸のタクシーなんとかならないか?」
「は?」
「あのS鉄道の土地を借りてるところは、
タクシーの幅寄せで歩行者が危険な思いをさせられてるし、
タクシーであふれて公道まで列を作って危なくてしょうがないよ」
「公道に列作ってるたって、二・三台でしょ!?」
「いいや、六・七台もあの信号の交差点まで列を作ってるよ」
「そんなこといったって、車止めるとこないんだよ!!」
「あのね、自分の会社の車庫に置いとけばいいじゃん!!それとあんたのタクシー何度も苦情言わなきゃだめじゃん。新文化センターに定期的に査察をいれてもらわなきゃだめなの?いまネットで裏多摩を特集してますので、このことを取り上げますので、よろしくお願いします」
「はい」といって電話を切られた。
とりあえずネットで取り上げること自体を承諾したから、取り上げることにした。
(旧、テキストサイトより)

続きを読む 三幸交通のモラル

探偵のモラル

2002年5月27日(月)「一営利団体によるネットによる社会的な制裁!?」
「スパイ日記!?」(探偵ファイル内)
なんだろう!?なにこれ?だれのHP?どうよ?
例の福岡のネコを虐殺させた者は、2chを利用してその虐殺過程を公開し、多くの人の目に触れることになった。
だから、この探偵社サイトは、”ネットを利用した犯罪”であるから、ネット上で社会的な制裁を与える意味で、ネコを虐殺死させた者の本名や写真・住所などの個人情報を公開するという制裁をしているということであろう。
一見、このような公開のしかたは社会に奉仕しているように見えるが、わたしは、この営利企業サイトが、営利目的のために、ネットを利用した、新しいかたちの私的な拷問をしているとみている。
少なくともこんな口が軽い探偵には依頼はしない。(余談になるが、同ページに見える別の事実についてだが,
被害者に不審な体液が付いていたということだが、だからどうした。警察は被害者遺族の感情に配慮しているからこそ、公式な発表を差し控えているのだ)
そもそもこの制裁過程に、デュープロセスという適正な手続きを踏んでない。加害行為以前の、適正な制裁が明文化された法律の存在。加害者・被害者・被害結果(被害者は誰?)などの特定と事実認定。公平な立場の人による公平な判断。明文化された制裁を忠実に執行できることができる制裁者。
なんであんたが加害者の名前を公開できるの?と素朴な疑問を抱いてほしい。
そしていろいろ冷静に考えてみてほしい。ネコを虐殺し、2chに公開することにより、失った財産権・失った人権・失った社会的な風俗・失った公共の安全などは何か。そして忘れてはいけないのが、ネコを虐殺した者の名前・住所をネットで公開することにより得るであろう財産権・得るであろう無形的なもの・得るであろう社会的な知名度などは何か。
世の中は私利私欲が複雑に連鎖しているのが見えてくると思う。
たしかにペットとされる動物の虐待に対して、わたしたち多くの人々は厳罰を望んでるが、現時点では猫殺しを厳罰にできる法律がない。しかし、だからといって一営利団体が、私的に、ダーティー・ハリーやチャールス・ブロンソンの自警団のようなふりをするのは映画などの架空の世界と混同視させていて、かえって現実の社会秩序を乱すことになるから許されるべきでない。
彼らはネコの虐殺が多くの人々の目に触れることになったと言うが、ほとんど2ちゃんねらーたちの目に触れただけであり、ネットもやらない方々や2chなんか利用しない人の目には触れていないのである。
多くの人がそう思うということで短絡的に行動をすれば、それ自体、多数決を根拠にしているので、少数意見をないがしろにしやすく、暴走行為になりやすく独裁に通じ、かなり危険な行為と言える。
そして、なんら明文化された基準なく制裁がおこなわれることは、制裁者の恣意的な判断の下に独善的な制裁になる恐れが大きいので、私利や私欲が混じり厳罰になりやすく、かかえって被制裁者への過度の人権侵害が行われるおそれが大きい。
例えば、屠殺場をリアルタイムにネット中継した場合とどのように区別をしているのだろうか。ゴミ捨て場を散らかしたカラスは?頭にフンをかけられて憤慨して息の根をとめた鳩は?自慢の鼻のあたまをヤブカにさされた場合は?ニシキヘビやワニをペットにしている場合は?
このネコちゃんの虐殺事件をネットの話題に絡めるならば、ネットの”ある空間”という”器”がなければ公開できなかったろうし、そういう”器”を管理している者が、そういうことが行われることが容易に知りうるのに、
放置しているという点に問題があろう。また事後的にすぐに削除できないという、責任面の能力の問題がある。
一般的な報道機関でさえ、加熱する報道合戦のエスカレートによる人権侵害が社会的な問題になっているのである(報道倫理委員会など)。それは被害者だけでなく、被害者側の近親者の人たち、加害者や加害者の近親者の人たちへの人権侵害が問題になっているのである。
さらに不幸なことに、これら個人情報の無秩序な放置は、個人情報保護法の肯定者たちの論拠のひとつにもなっているのである。
なーるほど、同じ穴の狢、類は友を呼ぶ。案の定、このご紹介サイトは、2chと協力体制に移る予定らしい。探偵業としてはかなりの宣伝効果になって、鼻の下がのびてさぞ嬉しかろう。
芸能人にBが多いのは何故?(2chねるより)わたしはBでもKでも芸能でもないのだが、こんなのは削除したら?
2002年5月30日(木)「みなさんの意見をお聞きしたいです」
27日に紹介したある探偵サイトについての素朴な疑問。
(1).ネコ虐待死事件後ですが、ネコを加害死させた者の本名・顔写真・住所を公開させていること。
(2).今後、微罪についても被害状況により、被疑者の個人情報を公開すると表明していること。
(3).わいせつ系の事件は、特に公にしたがらないという被害者や被害者側のプライベートな感情を最大限に配慮しなければならないのに、被害者に”体液がついてた”とか被害者が”強姦”されたと強調していること。
(4).公的な捜査機関で迷宮入りの可能性がある事件の公開捜査を2chで公開捜査する予定らしいこと。
2002年5月31日(木)「インターネット個人情報保護」
インターネットの匿名性について疑問を持ちながら、個人情報保護を求めることはいささかの自己矛盾さえ感じます。スピーディーな意見が得られない以上、自分たちで考えていくしかないでしょう。これは下の話題と関係ありませんよ。
それと、下記に紹介したサイトについて私が疑問に思ったのは、”福岡のネコ虐待死の犯人の氏名・本名などを公開したこと”についてです。論点がずれてきてしまうので、しばらく観察することにしましょう。
ん~どんどんエスカレートしていくようですが・・・・彼らがやろうとしている未解決事件のネット上の公開捜査なども含めて、人違いや後の裁判で被疑者・被告人が無罪になった場合や冤罪だったときなどどのような賠償をしてくれるのでしょうか。
それと、彼らはしきりにアメリカなどの外国の制度はこうだからといいますが、外国と捜査手続きや裁判制度が異なりますので、まして外国と日本とは風土・気質・文化や歴史にいたるまで同じでないのです。外国を参考にすべきところもあるでしょうけれども、直接根拠にすることは説得力に欠けるでしょう。
ん~下の探偵サイトはフジサンケイグループ系もスポンサーになってるらしい(本人談)。ならばさらにおもしろいことになりそうですね。
2002年7月14日(日)「ある管理人の削除依頼へのある対応~事実の中から真実を見抜く訓練~」
1.ある主張
参考;
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0207/020711-1.html
(注;7月26日(金)まで現状のまま掲載)
詳しいし、説得力ありますね。私も、同種の疑問を持っていたのです。ぜひ、反論文が読みたいです。
2.ある削除依頼
参考;
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0207/020713.html
削除依頼としても、どの部分が中傷なのかわからない。削除依頼がブームになり始めたからといって、
ただいたずらに削除依頼する方が増えている感はある。削除依頼は、他人に一定の行為を要求する行為であり、他人の行為を要求する以上、一定の根拠(証拠)が必要だと思うからです。
>商業サイトであり、このようなことを目的としていることは一切ございません
営利目的サイトであることを自ら自白したわけだ。やはり営利目的が主目的なのに、公益目的を主目的のようなフリをしているということか。
もちろん営利目的を主目的としていても、社会的な還元措置として、社会への恩返しとして、公益な目的への行動に疑問を持つものではない。
>弁護士
弁護士もいろいろいるわけだから、相談されたし。顧問弁護士がいるわけだから、先に顧問弁護士に相談した上で、その顧問弁護士と連名で削除依頼されたほうがよかったと思う。”抽象”と字を誤らなかったであろうし。
3.参考
参考;毎日新聞
http://www.mainichi.co.jp/news/
selection/archive/200102/05/0205e062-400.html

デンパだより~モラルの低下と信頼失墜と青少年の夢

さて、いつまでも”死に体”の”1ch.tv”の話題で、表紙を埋め尽くされてコギタナクなってしまっては、まさに”デンパ”と言われるのが”オチ”であるから、本サイト内に「1ch.tvの研究」という項を設けて、筆を先に進めることにしよう。
いま日本で問題になっているのが、
“モラルの低下”にともなう”信頼失墜”である。
“世の中への信頼失墜”。
“企業への信頼失墜”。
“大人への信頼失墜”。
などなど、
“世の中””企業””大人”自体のモラルの低下が、原因となっている。
重要な原因の要素は、”本来、権威を求められるはずの者への信頼失墜”この権威が求められる立場にある者が、
“国会議員””地方議員””教職関係者””法曹関係者””マスコミ”などから、”親””自分よりも年上”などまでいろいろな者である。この信頼失墜は、彼ら自身の”モラルが低下”していることが原因だ。しかも、青少年から見れば、社会的な生活の模範となりうる地位となっているだけに、彼らへの信頼失墜は、青少年への社会的な影響が大きい。
信頼回復ということばは当を得ない。現時点では信頼がないのだから、”無”から信頼を得ようと構築する努力が必要だが、景気回復という目先の”金”に目が奪われるなど、自分のエゴに支配されて、そうする努力もしない。
さて、青少年の自殺などの厭世観にひたる原因を、その青少年自身の内心から導き、青少年の意思の啓発を求めようとする考え方もある。
しかし、青少年の内心は、外的な影響を強く受けやすい体質であるから、まず、外的な要因、すなわち社会・世の中・環境を変えて行かなければ、青少年の内心に変化をもたらすことは難しいと考える。
青少年は”夢”・”望み”が多いはずであるが、この”夢””望み”は”世の中の信頼失墜”から影響を受けやすく、簡単に砕かれてしまうものであると思う。
と、いろいろ思索してみると、いちおう成年者である私も、信頼の構築に努力しながら協力して行かなければならないと、
ふと思ふ。
(旧、テキストサイトより)

オリンピック日本代表選手の人格

先祖代々日本人の血をもって、日本で生まれて、日本に育った青二才の僕が素朴に感じた。
オリンピックの日本代表選手だが、なぜ髪を白人系の髪の色に染めるのか?なぜ四年前と顔が美容整形したように違うのか?ならば、なぜ靴墨などを塗って、黒人のように顔を黒くしないのか?
根底には、日本人の白人優位主義がコンプレックスにあるからと思わざるをえない。
少し前まで、黒髪で生まれなかった子を、日本人たちは、みにくいアヒルの子まがいでいじめの対象としていたではないか。この流行りものの身勝手さから推測すると、わが国にチョンマゲが流行りはじめると、我先にチョンマゲをする人が増えるに違いない。楽しみだ。
さすがに日本人としての誇りすら感じさせてくれない、売国奴とも思わせる日本人代表選手は、まさに僕らと同じ世代の日本人を代表させてるのである。

ガソリンよおまえもか

東京都内の霞ヶ関にある特許庁へ行く。
特許・実用新案のオンラインパソコン電子出願用のソフトが入ったCD-ROMをもらうためだ。その近くの発明協会へ寄り、申請書類の一式をタダでもらう。(・・ここまではどうでもいい)ここまでは、別の機会に取り上げます。
便利師じゃなくって、弁理士さんに頼むと手数料がお高い話しですが・・。
そこから地下鉄の霞ヶ関駅まで歩く途中(虎ノ門の金毘羅宮付近)で、日本石油化学(株)の労働組合の労働争議のビラをもらう。ビラの内容を少し見て、ビラ配りの方からHPに取り上げることの承諾をもらう。目を合わせたとき、ビラ配りの方の目が輝いていたな。とはいえ、ここで取り上げた責任自体は、自分が責任を負うわけだから、ビラ自体をそのままHPに貼り付けるわけにはいかない。

日本石油化学(株)は、ENEOSのブランド名の日石三菱(株)の100%子会社らしいが、特定の組合員に対して、「賃金・昇格差別と職場八分や社宅における家族を含めた人権侵害がある」という。この事実の有無やコメントはここでは取り上げないが、そのビラには興味深いことが書かれていた。
(日石三菱が、)
「例えば、ハイオクガソリンと言って利益のためにレギュラーガソリンの混じったガソリンを販売するなど社会的信頼関係さえ犯しかねないといえます。」
わたしのポンコツのクルマは、ハイオク指定だから、給油のときはいつもレギュラーよりもリッター約10円弱高いハイオクを入れている。
ガソリンスタンドの人に「このクルマにレギュラーを入れたらどうなる?」と聞いたら、「エンジンのノッキングのタイミングが悪くなって、かえって燃費悪くなるし、エンジンの寿命的にも悪いよ。
ただ、新しいクルマは、燃料識別センサーがついたりするから、レギュラーを入れてもへーきだよ」との回答。
・・・人間と違って、クルマのエンジンのような機械は敏感だから、やればすぐバレそうだし・・・
(旧、テキストサイトより)

Google

Googleさんとはかなり相性がいいと最近気付く。
Googleロボットさんは、目ヤニから鼻クソにいたるまで、サグリを入れてるようだ。
尻の穴のシワの数まで調べられてるのと似てる。
むかし、徴兵されるときの身体検査で、尻の穴に指を突っ込まれて検査されてたらしいが、似たような恥じらいも感じてくる。
ならば、単語の使い方に気をつけなければ、予期しない検索結果に出されてしまうのが恐い。
ついでだから、実験してみます。検索結果に反映されるでしょうか。
お楽しみに・・・。
・わたしはニセ暴力団組員。
・武馬は麻薬常習者でない。
・私は山谷に住んでない。
・わたしはホームレスじゃない。
・小泉孝太郎はバカでない。
・北野たけしは天才じゃない。

自己持込ユーザー車検のすすめ

誰でもできるユーザー車検。
12/27、ユーザー車検に行ってきました。
誰でも簡単にできて、しかも、安く車検ができます。
–場所–
多摩自動車検査登録事務所
(陸運局立川車検場)。
–費用–
検査登録印紙1,500円(検査申請手数料)。
重量税印紙37,800円(重量税)。
申請書等用紙セット30円。
自賠責保険料27,600円。
計66,930円。
–手続き–
申請書は、例にならって簡単に書き込める。
–車両検査–
自分で車両検査ラインに入って行って、検査項目を、ラインに置かれている機械を使って、自分で検査していく。
–検査項目の主なもの–
・ブレーキが利くか利かないか。
・スピードメーター40キロの正確性。
・ヘッドライトの光軸検査。
・排気ガス検査。
(初めてのときは、車検ってこの程度のたったこれだけのことしか検査しないのか!?と驚いてしまう)
–検査時間–
車検場に着いてから、
ゆっくりと手続き、見学をして、
約30分で終わる。
–注意事項–
・車検ラインに入る前に、検査機械(半自動化)を十分に見学させてもらうこと。
・検査ラインの機器が新型化されている場合があり、市販の本や、ネット上の車検ラインが古いおそれもある。
・車検官には、「ユーザー車検です」とつげること(車検業者さんと混じって車検ラインに入るので・・)。