「スマートフォン」カテゴリーアーカイブ

ASAHIネット LTE 128kを海外白ロム3G Xperiaで試してみる

xperia01
ASAHIネットのLTEの128kbpsのsimを海外のLTE非対応端末で使えるのか試してみました。
今回挿したのはイギリスから買ったSony Xperia S(LT26i)(日本版はXperia NX)で、LTEに対応してない。購入当時は、ドコモのsimを挿しても通話ができるがデーター通信が使えなかった(ドコモが進入させなかった?)もので、放り投げてたものです。
Screenshot_2013-05-11-08-15-14
ASAHIネットLTEのsimをxperia s(海外白ロム3G,LTE非対応)に挿して3G接続用のアクセスポイントを作ってみました。
なんだ、使えるじゃん。
早速速度。speedtest.netのアプリで。あくまでも速度は目安です。
2013/5/11 7:10から Xperia s
1.? 上り 57kbps?下 り 98kbps
2. ?上り 46kbps?下り 107kbps
3. ?上り 57kbps?下り 109kbps
4. ?上り 77kbps?下り 110kbps
5. ?上り105kbps?下 り 73kbps

念のため、simをgyalaxy s3 に挿して測っておきましょう。LTE対応のgyalaxy s3で3G接続用のアクセスポイントを設定したら接続出来ませんでした(LTEをカットしないとダメかな?)。

2013/5/11 7:20から gyalaxy s3 lte対応
1. ?上り 13kbps 下り ?96kbps
2. ?上り 13kbps 下り111kbps
3. ?上り110kbps 下り102kbps
4. ?上り109kbps 下り110kbps
5. ?上り 70kbp ? 下り ?99kbps

いずれにしても、上りがちょっと不安定かな?

ここに書き留めておいてるのは、動作確認はすべて自己責任ですので、受け売りしたあとの当方へのクレームはご遠慮ください。

DDIポケットのつなぎ放題と必要性と経費

その昔、DDIポケット(現WILLCOM)というPHSのデーター通信の、つなぎ放題というプランをやっていた時を思い出します。必要性があったから。32kbps、64kbps,128kbpsと進化していって毎月6千円近く払っていたのかな。速度が早くなるたびに対応してないということで、データカードを買い換えてかなりの費用がかかりました。
その頃でも128kが最高で当時は、モバイルデーター通信にお金がかかったね。でも、64kくらいでしのげてました。
最近のケイタイ会社は、スマホ販売競争や三社競争激化で、スマホの必要性以前に購買欲を中高生までそそって、毎月高額の通信費など高額の経費がかかるのがオチになる。ソフトバンクが1位になろうが、ドコモを抜くぞと言っても消費者には関係ないことである。消費者としては、経費自体を安くして欲しいのである。
すると、simカードの販売の仕方も、今後の流れとしてかなり家計に助かる朗報かもしれないですね。

ドコモとおさらばできるか。。

ASAHIネットLTEの128kのsim到着

きのう注文したASAHIネットLTEの128kのsimが今日届いてました。発送代行が近所にあるんでしょうか。びっくりデス。
lte
早速gyalaxy s3 に差し込んで、FUSION IP-Phone SMARTで通話してみました。
今のところほんの少しの声のコマ落ちあるかなぐらいで会話に支障がないです。
アプリは、CSipSimpleを使いました。
lte3
低速simでip電話使うのに重要なのは、上りと下りのバランスで、100kbps以上欲しいかな?

この手のアプリで自分で気づかない部分では、相手の声は聞こえるのに、自分の声が相手によく届かないという事だそうで、上り速度も速い方がいいようです。ASAHIネットは、最速下り/上り最大 128Kbpsだそうです。

速やかに、速度を測ってみました。

次々に次に2013年5/10金曜日20:05
1.上り 67kbps 下り121kbps
2.上り114kbps 下り122kbps
3.上り 92kbps 下り103kbps
月785円。まあまあかな。しばらく様子みながら、家ではwifi使ってればいいんだし、いずれドコモを解約できるかな?

ASAHIネットLTEの128Kを注文する

ASAHIネットのLTEの128Kプランを注文してみました。1ヶ月785円。
ここのsimと050plusアプリなりfujhon対応のアプリオ入れればかなり節約です。
速度128Kbpsでip電話使い続けられるかな。
速度的にやばかったら、速度100Mbpsの1Gプランの方に変えればよし。それでも月1950円です。ただし、プラン変更には変更手数料3,150円かかるそうで、そうとなればMVNOメーカーを変えればよし。

050 plusとFUSION IP-Phone SMARTと比較

1年以上前から050の番号がもらえる050plusアプリをスマホに入れて使ってるわけです。ところが最近、基本代ゼロ円で050の番号がもらえるFUSION IP-Phone SMARTがでてきたから比較してみました。

そもそもケイタイの通話料、ドコモのxiの場合は、期間の縛り無しとか、無料通話分とか、話しほーだいみたいのを付けてないと21円/30秒3分掛けると126円ケイタイの通話代を安くする方法はないか。と、疑問が出るわけです。

?2013年5月現在 050 plus FUSION IP-Phone SMART
月額基本料 315円 0円
固定電話との通話 8.4円/3分 8.4円/30秒(50.4円/3分)
携帯・PHSとの通話 16.8/1分 8.4円/30秒(16.8円/1分)
同アプリ同士の通話 0円 0円
国際電話 国による 8円/30秒
専用スマホアプリ あり なし(自分で探す)
自分の携帯番号 登録時必要(手持ちの080/090/070番号) 不要
備考 1個の契約で複数の対応機器に使ってもOK ・1個の契約で複数の対応機器に使ってもOK
・クレジットカード番号1個につき1契約で050番号で1個
・一度契約したクレジットカードでは再度契約できない
・複数回線は、複数のクレジットカードを持ってればできる

?

050plusの方は、専用アプリで通話したあと、ケイタイの****プラントの通話料金との比較が出て、得した気分になります。FUSION IP-Phone SMARTの方は、動作確認アプリ(推奨?)やSIP対応の電話アプリを自分で見つけてきて自分で設定する必要あります。

相手かまわずよく電話をかける人は、基本代は我慢して050plusの方が固定電話宛がかなり安いからお得かな。FUSION IP-Phone SMARTで固定電話に掛けるとおよそ18分で050plusの基本代を上回ります。

今のところ、FUSION IP-Phone SMARTは、β版サービスだそうで、本格的な始動までに、なにか変動もあるかもです。

注意を要するのは、今後050がもらえるサービスが増えてくると思います。アプリには怪しいものもあるし、クレジットカードの番号の入力が必要です。通話代が安くなるアプリと称して、カード番号を入力させてドロンパするアプリも出てくるでしょう。050番号をくれる会社、アプリの会社、カード番号を入力するときの会社をそれぞれ調べて、レビューを考慮してから契約しましょう。

050plusは、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

FUSION IP-Phone SMARTは、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社。代取役に三木谷浩史氏。

xiの通話料

ドコモの公式サイトの料金のページを見ても、プランとかホーダイとかセットの事ばかり、実際通話代はいくらかかってるのかすっかり隠れてしまってます。サイトの周辺を探してもすっかりデーター通信会社のサイトになってます。xiの人の通話代はいくらなんだい。サイトの表示上悪意さえと感じられます。

タイプXiのページに書いてました。期間の縛り無しとか、無料通話分とか、話しほーだいみたいのを付けてないと、21円/30秒3分掛けると126円

ケイタイで働く人たちはすごいです。複雑な料金体系で、キャンペーンなんかも覚えてて。

DOCOMOへの費用は高く付きます

今日気づいたのが、毎月ドコモに払う金額が一番多いということでした。

ドコモは、FOMAからの移行を、契約変更の形でxiへと、大きなキャンペーンでLTE変更組を増やしすぎて、エリア内であっても通信状態が低品質になってしまって、つながりにくくなっている。そのためLTEに乗せるIP電話のアプリも品質が悪くなっている。10年越え組の自分としては、多くの人が他社へ引っ越せば、少しは品質良くなるかな。

データー通信料に上限あるからwimaxも加入せざるを得ない。

ドコモのLTE特有の電池を喰いやすいのは改善されない。

通話代もバカにならないです。

もうちょっと全体的に下がらないかな。?と、ひとりごと。