「長生きしよう!!」カテゴリーアーカイブ

簡単ゴーヤの甘酢漬け 抗がん効果?おいしい

ゴーヤには細胞にできた癌を消滅させるという効果があるそうです。自分にはまだ癌がないと思いますが、健康食品として手軽にゴーヤが食べられたらということでゴーヤの甘酢漬けを作ってみました。作っておけば毎日適量を食べられます。おいしいです。

ゴヤのワタと種を取り除きます。

約5ミリに切ります。

一分ほど湯がきます。

調味料は適当です。

スティック砂糖を一本入れます。

酢を入れます。

かつお節を入れます。

スティックだしを1本入れます。

ショウガとニンニクの適量を入れます。ここで食べても食べられます。

冷蔵庫に入れて一晩寝かせて出来上がり。

 

スープ用糸寒天 伊那食品

最近の健康オタクにはよいものを見つけました。伊那食品の糸寒天である。食物繊維が気軽にとれます。

スープや味噌汁にひとつまみ。手軽な食物繊維補給に。

クエン酸 大洋製薬

大洋製薬のクエン酸です。

くも膜下出血で後遺症なく死なずに復活できたのは、過去10年以上このクエン酸を飲み続けていたからだと勝手に思ってます。再三ここで紹介してますが、クエン酸には自然治癒力があります。この自然治癒力が三か月の水頭症による意識不明から生還したものと感じます。この大洋製薬のクエン酸はサツマイモなどを発酵させて作ったそうで科学合成で作ったクエン酸とはたぶん異なります。これのおおさじ一杯をリンゴ100%ジュースに溶かして飲みます。最近田無近辺の薬局ではこの大洋製薬のクエン酸を置いてなくて困ってたところ、東村山の近所のウェルパークに置いてあるところを見つけました。

サツマイモ等を発酵させて作ったクエン酸です。

エゴマごぼう 香精

香精のエゴマゴボウです。

ゴボウを今はやりのエゴマで煮たものです。体によさげです。

飲むミドリムシ・飲むユーグレナ ユーグレナ・アート

ユーグレナ・アートの飲むミドリムシ・飲むユーグレナです。

ミドリムシ・ユーグレナは初めてです。体に良いらしいですが、けっこう青臭くて虫臭いですね。

気が付けば健康オタク 信ずるものは救われる

2014年8月8日にくも膜下出血を起こして水頭症になって3か月間の意識不明になって、3年になろうとしてます。医者が言うには、現在は未破裂脳動脈瘤がないために、くも膜下出血の再発の可能性はきわめて少ないそうです。3ヵ月の意識不明時にタバコもやめられました。くも膜下出血の死亡率や後遺症率の高さを考えると、こうして健全なのは宝くじで高額が当たるよりもうれしいです。

そうしていつしか健康オタクになろうとしてます。今回は3種の健康食品の紹介です。

1.DHCえごま油

DHCえごま油は酸化弱いえごま油が粒状になって取り入れやすいです。これでDHAとEPAを簡単に体内に入れられます。毎日3粒。

2.朝日 えごま油

朝日のえごま油は、DHCで発売される前から飲んでました。えごま油は、いわゆる若返りの薬です。

3.ファイン クエン酸スティック

ファインのクエン酸スティックです。たぶんくも膜下出血で3ヵ月の意識不明後、後遺症なく職場に復活してるのは、過去に10年以上飲み続けているクエン酸の自然治癒力のおかげと考えてます。クエン酸は薬でなく、そういう体質作り、自然治癒力を高める効果があると考えるのです。ただ、他面で、ヨーグルトで乳酸菌を取り入れてる場合の問題点は、クエン酸の酸が乳酸菌を弱めさせるのではないかということです。そこでクエン酸は昼間取り入れて、夜ヨーグルトを食べるようにして、クエン酸と乳酸菌を取り入れる時間を離すのです。そこで、本製品のスティックタイプは持ち運んで場所を選ばずに取り入れるのに役立ちます。

脳神経外科 佐野 公俊 医師 新川橋公開講座「クモ膜下出血とその予防」

えごま油 DHC

DHCのえごま油です。若返りの効果のあるエゴマ油のブームでついにDHCでも発売したようです。カプセルに入ってるから酸化の恐れが少ないです。エゴマ油はクエン酸と並んで、脳卒中でも死ななかった自分の健康アイテムです。