「長生きしよう!!」カテゴリーアーカイブ

お葬式 東京葬儀

15日に父親が亡くなったお葬式ですが、きょうは、東京葬儀担当者さんが手配してくれた所沢市斎場で火葬をしました。朝8時に出発してお昼に帰れました。

その後、墓場が決まるまでの仮の祭壇を作ってくれました。墓場が決まらないままそのまま使い続けてもよいそうです。今回初めての喪主としての葬儀、不安もなく終えることができました。お経もなくお坊さんもなく。

注意しなくてはいけないことは。市役所関係の手続きですが今日は土曜日で、進めるには月曜日まで待たなければならないことです。

父親が死んだ 葬儀屋は?費用は?

15日8時に父親が死んだ。パーキンソン病と肺炎が死因だった。
3ヵ月ほど前から肺炎で多摩北部医療センターへ入院して1ヵ月ほど前から久米川病院に転院して入院していた。ちなみに転院の時のベットに乗せたままのタクシー代は1万5千円もかかった。

15日は職場の勤務中に病院から「呼吸をしなくなった」と携帯に連絡を受けて急きょその病院へ駆けつけた。父の末期は苦しまないで眠ったまま他界してしまったようだ。
で、病院から速やかな遺体の引き取りを強く即されて、病院が勧める大手の葬儀屋に連絡して自宅まで父親を運んでもらった。その費用がなんと4・5万だという。続く葬儀代は最近はやりの家族葬でも100万かかるという。額に疑問を感じて、市役所のチラシをもらいに行く。同時にネットで調べた。

そこで、ネットで調べた東京の四谷にある東京葬儀に決めた。電話した夕方には駆けつけてくれて家族葬のパック料金で42万円ほどになった。

一生のうちに何回あるかわからない葬儀、自分がやるとなるとわからないことが多いから、本当はその知識を事前に知っておくのはとても安心します。

東京葬儀の担当の人が置いてった本「身近な人が亡くなった後の手続きのすべて」(自由国民社)がとても役に立った。

東京葬儀の担当者は聞きたいことが多かったけれども疑問点に気軽に答えてくれてとても好感触でした。

キレートレモン スパークリング ポッカサッポロ

ポッカサッポロのキレートレモン スパークリングです。

くも膜下出血の3か月の意識不明でも生還したのは10年以上飲み続けているクエン酸のおかげだと真面目に感じてます。クエン酸信奉は信ずるものは救われるでもいいです。後遺症なく生きているんです。

レモン果汁15%(レモン2個分)が入った果実感と、ビタミンC1000mg、クエン酸3000mgが入った「大人にうれしい健康に気遣った果汁炭酸」なので、酸味と炭酸でリフレッシュでき、レモンの健康成分も手軽においしく摂れます。

脳動脈瘤があるかのMRIによる撮影のすすめ

くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂によって起きるそうです。自分に脳動脈瘤があるかはMRIによる撮影がためになります。突然死を避けましょう。

脳神経外科 佐野 公俊 医師 新川橋公開講座「クモ膜下出血とその予防」

脳動脈瘤について

脳動脈瘤は怖いのです。自分の場合もこの動脈瘤が破裂してクモ膜下出血になりました。現在の自分はこの脳動脈瘤がないそうで、主治医さんが言うには、クモ膜下出血の再発の恐れは極めて少ないそうです。
脳動脈瘤はMRIによる撮影がためになり、年一回程度MRIによる検診を脳神経外科でやってもらうのがよいかと思われます。くも膜下出血は死亡率が高く後遺症を残す率も高いから、突然死したくないためにも脳ドック等の検査がよいかと思われます。

脳動脈瘤破裂がくも膜下出血(脳卒中)を起こす原因になる

くも膜下出血(脳卒中)は、脳動脈瘤が破裂して起こすそうです。脳動脈瘤はMRIでその存否が分かります。したがって定期的にMRIを撮ってみて脳動脈瘤があるかないか調べてみるのがくも膜下出血を予防するのに有効になります。致死率や後遺症率の高いくも膜下出血を予防することが、自分の将来の運命を充実させるのに不可欠と言えます。だれも、突然死や後遺症を残したくないと思います。

くも膜下出血で生還したのはクエン酸のおかげかも

くも膜下出血を起こして後遺症なく生還してるのは10年以上飲み続けているクエン酸のおかげかもしれません。最近ますますそのような確信を深めてきてます。科学的な証明はできなくても信ずるものは救われる程度かもしれませんが、クエン酸には自然治癒力が備わります。自分の3か月にわたる意識不明時にそれまでのクエン酸の自然治癒力の体質の効果で完全に治癒したと感じられるのです。意識不明時には主治医さんは、一生、植物人間のままと感じていたようです。ではどうやってクエン酸を取り入れているかは以下に紹介してます。

「クエン酸と脳卒中 大洋製薬」「クエン酸りんごジュース」

くも膜下出血について