「吉祥寺」カテゴリーアーカイブ

吉祥寺、井の頭恩賜公園の井の頭池の かいぼり 4

DSC00014

再び、吉祥寺、井の頭恩賜公園の井の頭池の かいぼりを見に行ってきました。といっても、写真は、大雪の前に行った2月7日のものです。その後、2週間連続の大雪と多忙により、これらの写真の記事が書けなかったです。

今回は、吉祥寺のフランス料理のレストランの老舗、芙蓉亭の横の入口から入りました。

DSC00012

作業員が何かやってます。

DSC00026 DSC00021 DSC00325

シラサギ一羽を発見。

DSC00324

のどかですね。

DSC00330

大雪による帰宅困難者になる

DSC_0349

14日の大雪で自宅に帰れず、先週の大雪と同様に、支店にお泊りすることになった。

DSC_0352

DSC_0353

三鷹通りは関東バスしか通過してない。

夕飯とスリッパなどを買いに100均のローソン100へ。ここには、生活雑貨も置いてあるから良い。1万円も100円で売ってればよいのに。

DSC_0350

支店の食堂で食事してると、つみれ汁を差し入れてくれるおばさんがいた。

DSC_0355

ここの支店では、大雪などがあると、ここで働いている近所のおばさんが、食事を差し入れてくれることが判明。先週の大雪はとん汁であった。おばさんにはおばさんと言わずにお姉さんと言いなさい。

IMG_20140214_221300

大雪一日後の吉祥寺の写真比較

DSC_0322

大雪一日後の吉祥寺は晴天に恵まれ、気温も上がりぽかぽか陽気。

DSC_0334DSC_0319

雪かきしてくれた人のおかげさまと晴天が功を奏してご覧のとおり。回復が速い。

DSC_0333 DSC_0320DSC_0332

吉祥寺の大雪警報

DSC_0317

20年ぶり?45年ぶり?諸説あるがm2014年2月8日の東京は大雪であった。大雪注意報から大雪警報に変わってから、夜半には吹雪にもなった。もちろん吉祥寺も。

吉祥寺通りを南下する小田急バス。

DSC_0316 DSC_0318 DSC_0319

夕方になっても降り止まない井之頭通りの吉祥寺駅南側。

DSC_0321

大雪になっても小田急バスは停まらない。

DSC_0322

井の頭公園北側の住宅地はワダチもなく足あともない未開の雪深さ。八甲田山を思い出す(なんちゃって)。

DSC_0323

吉祥寺、井の頭恩賜公園の井の頭池の かいぼり 3 自転車とバラバラ事件と都市伝説

Untitled - 4

約25年?ぶりの井の頭池の水抜き作業。都市伝説にもなりそうな、発掘されたのは自転車たち。

約20年前に、井の頭公園バラバラ事件があった。迷宮入りになった事件の有力な証拠とか、遺品の一部とか出てこないだろうか。。出てきたらこれも都市伝説になりそうだ。

DSC_0222

大変な作業だ。

DSC_0223

Untitled - 1

 

先日発掘された自転車は泥が乾いた状態でここにまだあった。

DSC_0277 DSC_0283 Untitled - 3

吉祥寺、井の頭恩賜公園の井の頭池の かいぼり 2

DSC_0273

吉祥寺、井の頭恩賜公園の井の頭池のかいぼり 1

水抜きしている井の頭公園の池に寄ってみた。

おまるみたいな足こぎボートはすっかり泥の上に浮いていて、水がなくなってかわいそうなくらいです。

DSC_0278

橋も沼地の上に掛かるは橋みたいになりました。

DSC_0268

心持ち、ここは井の頭公園に見えないです。

DSC_0270 DSC_0272 DSC_0275

 

吉祥寺、井の頭恩賜公園の井の頭池の かいぼり 1

DSC_0219

井の頭公園内の井の頭池を浄化するために水抜きが行われているので、行ってみた。「かいぼり」というらしい。川の下流にある泥のようなドブ臭さはなかったです。

 

井の頭池を透明に 水抜き天日干し 外来魚駆除も

水をいったん抜いて池底を天日干しし、水質浄化と外来魚の駆除をする「かいぼり」の水抜き作業

DSC_0211

池は明治時代まで底が見えるほど透明だったが、昭和三十年代に湧き水の枯渇などが原因で水質が悪化した。オオクチバス(ブラックバス)など外来魚も大量に繁殖し、モツゴ(クチボソ)やテナガエビといった在来種を食べ、その存在を脅かしている。

DSC_0220 DSC_0222

自転車を運び出している。

DSC_0223

ご苦労なことです。

DSC_0225 DSC_0227 DSC_0228 DSC_0229

橋がどこかの庭園の橋のようになってます。

DSC_0230