「入院」カテゴリーアーカイブ

3回目の風呂に入る 概算でる

新山手病院、3回目の風呂に入りました。独りで風呂に入れる人が少ないせいか、予約してる人が少ないです。明日退院が決まってますが、入りました。昼間入れる風呂は気持ち良いですね。

今回は滞りなく退院できますが、コロナで感染者が爆発してたらと思うとと胸をなでおろしてます。医療崩壊にならなかったのが幸いです。

今回の概算が出ました。4万です。少なくてビックリ。手術しなかったからかな?

自主的なリハビリ 階段

明日退院が予定されてるが、今回はリハビリがセットされてなかった。ならば自分でやるしかないと言うことで、歩ける場所が多い病棟内で1日6000歩目標にはや歩きするのです。入院したときの体力の注意点は、しばらく階段を使わないから退院後、自宅の階段も苦労するのです。引力があるので、宇宙飛行士が地球に戻ってきたときに、しばらく起き上がれないあれです。新山手病院の階段は2階までしかないので5回くらい往復します。

4五分食 五分粥 新山手病院

新山手病院の4五分食 五分粥です。久しぶりの鮭がおいしかったです。ジャガイモと玉ねぎとニンジノ煮物もグッド。

あさって退院できるかも

佐藤先生が朝の回診に来て、結論から言って、あさって頃に退院できるかもと告げていった。まだ入院の保証金も払ってないのに。

イレウスの前兆?

今、入院してる事態を遡ってみると、入院する2・3日前に、お風呂の湯船に入った時にブルっとしてた事を思い出しました。その時は、体調に変化はなかったし、イレウスになってるとは思いもよらなかったです。と、後知恵のように気づくのです。

くも膜下出血と腸閉塞(イレウス)の前兆(弊ブログ)

かむことは腸の運動を活発にする

イレウスには「シュガーレスガムで術後の腸回復が早まる、消化管手術の入院期間が3分の2に」

「1日3回、1時間ずつシュガーレスガムをかむと、腸の蠕動再開が促進され、退院が2.5日早まることが明らかになった。」

自分にとってはタイムリーな記事を見つけた。イレウスの回復には、噛むことが良いらしいという記事を見つけて、韋駄天になって売店に駆け込みガムとグミを買って、テレビルームでムシャムシャ噛んでたら、自分の病室に来た佐藤先生が通りかかってオフレコの会話ができた。
イレウスが再発する不安(食事には注意してることを前提に)とか聞いたら、前回手術した部分でもつれが起きて再発したとお聞きできました。予防で積極的に噛むこともないと教えてもらいました。

ただかむと内臓がぐーぐー言って活発になるのが分かりますね。

佐藤先生は思いがけなく頻繁に病室まで来てくれるからね。用件は、明日から食事のレベルが1ランク上がるらしい。

 

2回目の風呂に入る

2回目の風呂をもらいました。前とシステムが変わっており、曜日ごとに男女が分かれて、日曜日は一人で入れない患者の日だそうです。