「Ennnio Morricone(エンニオ・モリコーネ)」カテゴリーアーカイブ

モリコーネのコンサートのChi Mai演奏

Ennio Morricone “Chi Mai (Le Professionnel)” – Live @ Bercy, Paris – 04/02/2014 [HD]

むかしエンニオ・モリコーネの曲、Chi Maiを聞いた時、コンサートの動画を見れるとは思わなかった。Chi Maiは、マッダレーナの主題曲で、その後、Professionalでも使われたエンニオ・モリコーネの名曲です。
以下は自作のChi Maiです。

Chi Mai-Takema Taketomi (Japan)

エンニオ・モリコーネのミスター・ノーボディのカバー

1

エンニオ・モリコーネが音楽を担当した映画「ミスター・ノーボディ」のカバーです。

ダンスはキャラミんを使用して、プロ生ちゃん(暮井 慧)に踊らせています。

動画作成音楽演奏:武富武馬。
My Name Is Nobody-Il mio nome e’Nessuno-Ennio Morricone-Takema Taketomi

サントラ盤はこちらです。
Terence Hill: Mein Name ist Nobody OST – 01 – My name is nobody

エスピオナージ エンニオ・モリコーネ(Le Serpent ( Canzone Lontana) -Ennio Morricone)

2006年のフランス映画「エスピオナージ」の主題曲です。音楽担当は、エンニオ・モリコーネです。
盛り上がりのスキャットは、エッダ・デ・オルソです。
スパイ映画です。
Le Serpent ( Canzone Lontana)

マエストロとマルゲリータ エンニオ・モリコーネ (Il Maestro e Margarita-Ennio Morricone)

20年以上エンニオ・モリコーネのファンなので、エンニオ・モリコーネの音楽を紹介していきましょう。
エンニオ・モリコーネが音楽を担当した、1972年のイタリア映画の「マエストロとマルゲリータ 」の主題曲は、甘美で切ないメロディーラインを奏でます。スキャットは、ウエスタンの主題曲でお馴染みのエッダ・デ・オルソです。

The Master and Margaret (1972) is based on the eponymous book by Mikhail A. Bulgakov. The film is set in the Soviet Union under Stalin, it has several story-lines, that are intertwined. Maestro Nikolai Masoudov (Tognazzi), a talented writer, and his assistant Margaret (Farmer), are working on a biblical story of Pontius Pilate (Tadic). The Satan – Woland (Cuny), and his lieutenants, are harassing Master by surveillance, by killing his friend, and sending another friend to Gulag prison in Siberia. Victimized by their harassment, Master becomes paranoid, and is locked up in a mental institution. Margaret is trying to save him regardless of the danger.
Il maestro e Margherita
(マスターとマーガレット(1972)がミハイルA.ブルガーコフによる同名の本に基づいている。フィルムはスターリン下で、それが絡み合っているいくつかのストーリーラインを有し、ソ連で設定されている。マエストロニコライMasoudov(トニャッツィ)、才能のある作家と彼のアシスタントマーガレット(ファーマー)が、ピラト(タディッチ)の聖書の物語に取り組んでいます。サタン – Woland(CUNY)、と彼の副官は、彼の友人を殺し、そしてシベリア収容所の刑務所に別の友人を送信することで、監視してマスターに嫌がらせをしている。彼らの嫌がらせの被害に、マスターは妄想になり、精神病院に閉じ込めている。マーガレットは関係なく、危険の彼を保存しようとしています。)

Ennio Morricone “IL Maestro e Margherita”

フルバージョンはこっち
Ennio Morricone – Il Maestro e Margherita – 1st variation