「時事」カテゴリーアーカイブ

小泉改革路線?

小泉改革路線?
「改革とは、やっているふりをしてなにもかわらないこと」(小泉苑より)
「改革」とは、「改めかえること。改まりかわること。社会・制度など、変りあらたまること。変えあらためること」(広辞苑より)
候補者のみなさん抽象的なことばが多すぎて、候補者自身が当選したら具体的に何をしたいかさっぱりわかりません。

リニアモーターカーと電磁波

リニアモーターカーの開発課題のひとつとして、それが発する電磁波の人体へ被爆する悪影響についての問題が残されていたと思いましたが、実用化に向けてどうクリアーしたか臭いものに蓋をしたのか、伝わってきません。

特命リサーチ200XⅡわかった

先日『特命リサーチ200XⅡ』が再放送されてた怪の理由がわかりました。その前の番組が記憶に残らない番組の久米氏がコケたから時帯を埋めるため急遽『特命リサーチ200XⅡ』が再放送(内容も再放送)してたのだと

広告郵便の怪

「あなたが選ばれました!」とか「あなたが当選しました!中を開けて見ましょう」というたぐいの広告郵便についてですけど、もし本当に特定者と民事的な債権債務関係が生じるならば、普通郵便で送ってくるのは失礼だと思う。もしそんなにおいしい証書でも同封してるなら、配達記録、欲を言えば書留で送ってきてはいかがでしょうか?この点で、普通郵便で送ってくるこのたぐいの広告郵便はポイ捨て郵便でしょうね。

store100

『STORE100 – ローソン』
近くにないのが難点ですし、100円ショップは100円以下のものを100円で売るから商売になっているのだと考えると、ここの2倍以上の価値を200円で売る店があれば必要性が少ないですね。とくに生鮮切野菜を中心に生ものは品質保持剤がかけられているもの。食品の量以外で値段を下げるならば、加工の面で恐い面もありますね。
小皿容器のサラダやお惣菜は、どことなく生協カフェテリアや学食の小皿を想い出してしまいます。
コンビにで解せないのは、水1リットルがガソリン1リットルよりも高い点ですね。だからといって喉が乾いたらガソリンを飲むわけにもいきません・・・。”電撃ネットワーク”ならガソリン飲んで火をふいてくれるかもしれません。”ダチョウ倶楽部”はそんなことしません。

やじうまプラス

『やじうまプラス』
朝からコメンテーターがいい加減なことを言っているのを反駁するのもその日の始まりにはとても割に合わない番組です。見なければ聞かなくてすむことです。このブログを汚さなくてすむのです。これで二度と三反園訓氏、勝谷誠彦氏、大谷昭宏氏の世間離れしたコメントを聞くこともないでしょう。
とりあえず『めざましテレビ』へ移動してます

三反園訓氏その4

JR東日本の横浜駅信号機故障(赤信号のまま青に変わらない)とJR西日本の時刻表間違えの450mオーバーランのトラブルを受けての三反園訓氏のコメント。
「やっぱ日本社会全体がおかしくなってるんでしょうね」と新興宗教の教祖のようなコメント。
きわめて抽象的なコメントでその社会の一員の僕ですらとても腹を立てたものです。
テレビ朝日の一従業員に社会批判のコメントができる主張適格の資格の有無の問題と、コメント対象事象とコメント内容との関連性の有無に論理飛躍がみられますね。
例えば前者は、「ATSなどコンピュータに頼った運行」→「赤信号のまま青に変わらない」→「信号に頼らない人的な見切り発車」→「大事故につながるから停止」=「安全重視」
信号機不具合の人為的連絡ミスの参考:『信楽高原鉄道事故「赤信号で走った列車」』
三反園訓氏はJR等の列車運行については「安全重視」しろとコメントしてたはず。
しかも三反園訓氏は、JRの鉄道会社トラブルで「日本社会」しかも「全体」が「おかしい」とコメント。コンピュータに頼った文明社会を批判してるのかも定かでない。
僕は「三反園氏をコメンテーターに置くテレビ朝日の会社全体がおかしい」と言い返したい。
コメンテータをちやほやすると、つけ上がる体質のようなので注意していきたい。