武富 武馬 のすべての投稿

[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。]
東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて15年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。

今日のミニバーナー

santamaani01.gif
五年前のサイトを手付かずのまま放置されてたのをテンプレートを変えただけです。事業のネット利用は軒並み売上が向上してるようです。
例えば、地域密着・客のエリアが限られてしまう理容院ですが、当方が作成すれば着実に月2・3人の客が増えていくようです。

中絶胎児利用の衝撃?

NHKスペシャルの『中絶胎児利用の衝撃』っていうのはね。観てみないとコメントできませんが、中絶胎児が闇取引の対象になって売買の対象になれば、貧困層で中絶胎児を生むために妊娠する行為が増えるのでしょうか。他人に移植されるためだけを目的とする胎児ですね。
ホーキング博士の生命はDNAの乗り物ということばを借りれば、DNAが乗り物を乗り換えるにすぎないのでしょうか。
中国ですでに胎児を利用してるそうです。

音楽の森リニューアル

forestani01.gif
音楽の森のバーナーを作ったついでに『音楽の森』のリニューアル。ヤマハ音楽スクール級に変わりました。中味は変わってませんが、なかなかの名曲ぞろいです。内外のミュージシャン豪華ゲストの音楽目白押しです。
Pon2 Musicの音楽は”古い”という意見もありますが、最近の音楽が聴きたければ、オリジナルのCDを買うなり借りるなりして聴けばよいのです。古いものほどオリジナルなエッセンスが含まれていると考えてますし、最近のパクリ文化に迎合したくありません。

老いは隠せない立花さん

立花隆氏の『ソメディア ソシオ-ポリティクス』の記事が削除されたお話しですが、記事が削除された言い訳がここに書かれてます。自分が注意すべきとした同趣旨のことが筆者の立場から書かれています(まねした?)。
私としては、もうひとつ立花氏の「老い」を感じてしまいました。立ち話の与太話レベルになるのは残念です。(立ち話=立花氏)

ミニバーナー

medlay002.gif
remixani01.gif

ミニバーナー早撃ちマック

teensani01.gif
ohber01.gif
kenbrassani01.gif
tama2ani01.gif
暇な時、ミニバーナーを作ってpon2の登録サイトに登録してるのですが、
やっぱなるべくアニメにした方が目立つようです。ミニの範囲の画像を見ただけでそのサイトの種類が分かればポイントが高いですね。
基本的にgifの原色はしてません。量産に慣れてくると五分もかかりません。

フジテレビVSライブドア

フジテレビVSライブドアのお話しは、インターネット上では民族・思想問題まで発展してるのですね。(『噂の真相』が休刊されてしまってから面白い読み物がなくなってしまい苦労してます。まさか、将来インターネットには勝てないと感じて休刊したのでしょうか)
インターネット検索でいろいろな記事が出てくるのですが、出版媒体と違って、インターネット記事は編集・校正のフィルターなしでWEB上に表示されてるものが多く、責任の所在が不明で、読者としては信用性の度合いを測ることが難しいので真偽を判断することに浪費してしまいがちです。
読みたい記事がヒットされた場合、その記事の署名(署名の真偽もひとつの問題です)を確認しその表紙(Home)に行って匂いを嗅ぎ分けて、聞いたことない人の記事であればその署名をさらに検索にかけてどんな人かとチェックしなければなりません。例えば、『武馬』で検索した場合、「音楽関係・売れないミュージシャン・ただのバカ」程度に推論されればよいのですが。
さてフジテレビVSライブドアのお話し。
・闇とのつながり。
・ホリエモンはピエロにすぎなかった。
・産経の正論路線つぶし。
などいろいろな論点が出てきてるのですね。
いったい日本人はどこへ行くのでしょうか。とちょっと深刻に考えてしまいます。
表現が難しいのですが、純粋に日本人だけのIT企業はどこなのでしょう。
リンクを貼りたいですけど真偽のほどが、疑いをいれないほどの信用性の判断が当方にはできませんので控えておきますひとつだけ立花隆氏の『ソメディア ソシオ-ポリティクス』にリンクを貼っておきます。部分的に記事が削除された真意が気になりますし、過去に週刊文春のオウム関連記事の連載記事が突然ストップしてしまった時の経緯も気になります。