武富 武馬 のすべての投稿

[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて15年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。

インターネットと表現の自由について(現在と今後の判例の基本的な流れとして)

※注意
掲示板の管理人責任についての判例が少しずつ増えてますが、二フティ関係は、もともと同じ土俵にのってる人(同じフォーラムの中など)の言葉の争いごとで、しかも会員どうしであった事情があります。
一.表現の自由
1.表現の自由とは
表現の自由とは、人の内心における精神作用を外部に発表する精神活動の自由をいいます。
思想・信条・意見・知識・事実・感情などの個人の精神活動にかかわる一切のものの伝達に関する活動の自由です。この表現の自由は、民主国家のほとんどの国で、人民の権利として保障されてます。
2.表現の自由が保障される根拠
1).個人の自己を実現させるため
各個人が多くの情報を受領し、自己の知識を高め、自己の人格を形成・発展させるための手段として社会的価値があります。
2).国民が自ら自国を統治するため
現代の立憲民主主義(社会的弱者の意見も考慮して、単純に多数決的でない民主主義)をとる国において、主権者である国民が真理を追究し、政治的意思を自由に決定し表明できることが、民主的な政治過程を維持・発展させていくうえで不可欠な前提にあるからです。
3.表現の自由の限界
表現の自由は一人一人の国民に保障されてるのですが、国家を作っている国民は非常に多くの人間ですから、表現の自由が無制限の保障されるとすると、当然に他の者の表現の自由と衝突することもあるのです。
ですから、他者との権利との調整する作用が、表現の自由それ自体に含まれているのです。
このように、それぞれの自由同士に生じる矛盾や衝突の調整を図るための、すべての自由に必然的に含まれている考え方を「公共の福祉」と言ったりもします。
二.現代的な意義における表現の自由
表現の自由は元来、表現の「受け手」の存在を前提にしてますので、表現の自由の保障には、表現を受け取ることの自由も含まれています。
ところが20世紀後、印刷メディアや放送メディアなどのマス・メディアが発達してくると、情報の「送り手」となるマス・メディアと情報の「受け手」である一般国民とが分離・固定化してしまい、一般国民はもっぱら情報の「受け手」の立場に置かれてしまうことになったのです。
しかも、マス・メディアによって発信された情報は、選択され・操作された情報も含み、一般国民は情報を受身的にしか受領できなかったのです。
三.インターネットと表現の自由
インターネットが急速に発展してくると、国境をへだてた地球規模のコミュニケーションが可能となり、もはや一般国民は、マス・メディアを介さずに情報を自ら選択して入手することができるようになったのです。
また同時に一般国民は、マス・メディアを介さずに情報を発信することができるようになり、情報の「送り手」の側の地位を取り戻し、容易に表現の自由の表現者となれるようになったのです。
四.インターネット上の情報の注意点
いままでマス・メディアから送られる情報は、何かしらの権威的な(時には権力的な)ものによって、情報の信用性・信憑性が担保されていたのです。
それは、たとえば情報発信者の名義人の署名・社名・公共団体の責任者名義などによって、受け手は情報の信用度を判断してました。
ところが、インターネット上に流れる情報には、いまだ権威的な確証を得ることができるものが非常に少なく、
ネット上に流される情報を選択し評価を加えるのは一般国民自身であり、その判断の責任も一般国民にあるでしょう。
五.情報発信者としての責任
1.印刷マス・メディアと放送マス・メディアの二分論
マス・メディアも表現の自由の主体になりえ、さらに民主社会に国民が国政に関与するための重要な判断資料を提供するなど、表現の受け手の立場にならざるを得なくなった国民の知る権利に奉仕するものであります。
しかし、本来のほとんどの国民の口頭による表現者となりうる機会と比較した場合、一般国民が印刷メディアルートの表現主体になりうる機会、さらには放送メディアルートの表現主体になりうる機会は異なってきます。
印刷メディアの場合はビラ配りやビラ貼りなどにより一般国民も参加するチャンスがありますが、放送は無線の電波を使うため、混信しないように受信するためにはあるていどの周波数割が必要になり、その意味で周波数は有限であり希少な機会です。
そこで放送メディアが出現してから、情報の発信者としての責任を考える場合、印刷メディアと異なって、放送メディアの有限性・希少性から電波使用は国の免許制として、放送メディアに「政治的公平性」「対立した意見はできるだけいろいろな見方とること」などを法律で定めています。
このような印刷メディアと放送メディアの責任の見方の違いを二分論と言われたりします。
2.インターネット上の発信者
インターネット上の情報の発信者の責任を考える場合は、上記の五の1.の印刷メディアと放送メディアのどちらに近いでしょうか。
本来、表現の自由は他者の権利を害しない範囲で自由でありますが、放送メディアは電波の周波数の有限性や希少性から強い責任問題が生じてきました。
他方の印刷メディアは、一般国民の口頭の表現とは機会があるかどうかで責任を考えました。
すると、インターネットの場合は、表現する機会を考えると印刷メディアよりも容易で、万人はいつでも表現する機会に恵まれているのです。
これは、印刷と放送の二分論にあてはまらない新しい第三の形態といえますが、上記までに述べてきたように、マス・メディアによって表現の受け手の立場にとらざるをえなかった一般国人が、インターネットによってやっと取り戻した表現の自由といえます。
すると、インターネット上の表現の発信者の責任を考えるにあたっては、新しい第三の類型ととらえるべきでなくて、古典的な表現の自由の法理の「思想の自由市場」「対抗言論(言論に対しては言論で対抗する)」などの考え方がよみがえり、責任問題については、一次的には国や司直が関与すべきでなく、まずは国民同士で解決していく方がよいという方向性が出てきます。
六.◎法律化にの方向性について注意すべき点◎
自由社会において、ある行為に法律が規制するということは、自由な行為が国により制限されることになることが多いのです。
ひいてはその法律の国の厳格(厳罰的)な解釈により、立法化された当初の行為の範囲外のいわゆるグレーゾーンの行為までも処罰の対象にもなったりします。
一方の国民はそうしたグレーゾーンの処罰を恐れて、本来自由であるべき行為自粛していき、自由に対して萎縮的な効果ももたらすことでしょう。
現時点では、ホームページの管理人にたいして直接的に定めた法律が存在しないため、既存の法律で適用していってますが、ホームページ管理人法などの法律ができたら私だけでなく、みなさん方それぞれに関係してくる恐れがあるのです。
一部の自由の濫用者のために多くの人の自由が制限されることになるのです。
七.一般的な掲示板
八.匿名掲示板

匿名掲示板サイト2chの被害

ネトア志望のナースになりたい子 1 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/06/10(日) 15:29 ID:He8NIcEI
http://www.pon2.net/akko/
ナースになりたい高2の女の子です。
ちょっと出ム場のような気がしましたけど、かわいい子ですので
温かく見守ってください。
馬鹿チュー粗すなよ
2 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/06/10(日) 15:31 ID:???
似たようなすれ建ててしまった(鬱
3 名前: 名無し~3.EXE 投稿日: 2001/06/10(日) 21:15 ID:???
また自作自演か… ”I love a drive.”って頭悪すぎ。
なんでバカ女のサイトって背景ピンクでMIDI流してるのが共通なん
だろうね。自作でもないJavaアプレットが置いてあるのも最悪。
何でもいいから注目されたいアホは放置プレイが一番だけど、似てる
人がいるから紹介しとく。もちろん誰も相手にしてないよ。 http://park.zero.ad.jp/*****/

「ネトア志望のナースになりたい子」
http://yasai.2ch.net/net/kako/992/992154590.html(参考)
1.と2.は、****-*****.ppp11.odn.ad.jp
3.は、64.209.134.135(proxy.sna.ntsetter.com)
彼らの多くは、表現の自由ということばを使い自分たちのヨタ話の正当性を主張しようとしている。
しかし、表現の自由は、沿革的にみてみると、一義的には国民から国家に向けられる言葉であり、次には、社会的な弱者から強者に向けられる言葉であると感じられる。
匿名が許される掲示板について。
ネットの社会では、ネットにファイルを置くこと自体、原則として公の場に公開されていると判断されてます。
管理人自身が匿名やペンネーム・ハンドルネームを使い、自ら書き込んでいる場合もあるのです。
1.2001月8月5日
上記のようにの妹のホームページ(http://www.pon2.net/akko/)について匿名掲示板サイト2chに書き込みがなされていました(参考)。
妹のホームページをご覧いただけるとわかりますが、”ネトア志望””高2″等の点で書き込んだ人にそもそもの事実関係のとらえかた自体に誤りがあるので、便所の落書きレベルの書きっぱなしのヨタ話サイトへ、書き込みの削除要求をするのも大人気なく考えました。
また2ch表紙には、「削除要求も公表する」という新たな害悪の告知が行われてる。
名誉毀損や侮辱の行為は、危険犯的なもので、侮辱された人が実際にどのような社会的な評価を落としたかなど、侮辱的な言葉が、具体的にどのような効果をもたらしたかという結果は必要ないのである。
ですから書き込まれたことを根拠に削除要求すると、その要求した事実についてを公表すると明言することは、削除要求の萎縮的な効果を狙ったものがみえみえであり、管理人のタチが悪るさがうかがわれる。名誉感情のようなプライベートに属する事実を、新たに公表することにより、さらに名誉感情が侵害される場合が多い。
なにを恐れてる管理人??
そこで私は、このような倫理的にも無責任なサイトが残されてる事実を周知したいために、あえてこちら側から該当ページにリンクを貼っておきます。
2.ネット上のルール的検証
ネットにファイルを置くこと自体、不特定多数の方が目に触れる状態にファイルが置かれてますので、原則として直ちに「公然に」ファイルを置いているといえます。侮辱的言葉が、特定人についてなされたかどうかですが、
2chの書き込みを見ていただければわかると思いますが、明らかに妹のホームページアドレスを書き込み丁寧にもリンクを貼り込んでます。
ご存知のとおりホームページアドレスは世界にひとつしかないのです。
“馬鹿””バカ女””注目されたいアホ””頭悪すぎなどは、日本語として侮辱せしめることばと理解できます。
“ちょっと出ム場””馬鹿チュー粗すなよ”など日本の標準語や地方言葉としては理解しにくいことばですが、これは部分的な社会で通じ合う言葉であり、その部分的な社会で通じ合う言葉であれば、名誉毀損的言辞にもなりうるし、脅迫罪の教唆にもなりうる言葉であると考えられます。
3.匿名掲示板の責任主体について。
掲示板の書き込みは管理人が書き込んだものと同視すべきであります。
まず、サイトの匿名性を貫き、管理能力が劣れば劣るほど、そのサイトがもたらした結果の責任が免除される解釈は許されるべきではありません。
通常のホームページでは、そこに見える書き込まれたことばは(そのことばの発案者は誰かは別にして)、そのホームページの管理人が書き込んだものと評価して、まずその管理人に書き込みの責任があるものと理解しますね。
インターネットの匿名掲示板である場合も、通常のホームページとなんら区別して解釈することなく、その掲示板の管理人が書き込んだものと考えるのです。
もしその管理人が、自分が書き込んでない(行為がない)、というのであれば、それを証明すべきなのです。
管理者側の人々が、その匿名性を利用して、匿名で書き込んでいる場合も否定できないはずです。
また、管理者側が匿名性を利用して、その掲示板の利用者に書き込みの責任を転嫁する態度もよくないと考えます。

自分の顔写真について

自分の写真をホームページにはってもいい??
◎絶対にはらないほうがいいと思います。
悪用されやすいのです。
ホームページにはりつけたあなたの写真は、簡単にコピーできてしまうから、あなたが知らないところで、あなたの写真がばらまかれてしまうからです。
あなたが自分の写真をホームページにはろうとする目的自体をとがめるつもりはありません。
あなたのホームページにはりつけた写真は簡単にコピーできてしまうから、誰かが、あなたのはりつけた目的とは違った目的で、あなたの写真を使う危険があるからです。
もしあなたが将来、芸能人などになって、自分の顔を金にかえる予定もないのに、あなたの写真を利用してお金にかえようとするする人もいるかもしれません。
リンクバーナーは写真つきでもいい??
あなたのホームページをリンクフリーにしていることが多いと思います。
その場合、リンクバーナーも自由に配布してしまいがちです。
以前、Aのホームページに起こった出来事です。
A写真が悪用されてしまったのです。Aはリンクフリーにして写真つきバーナーも自由に配布してました。
ある日、学生に楽器を教えてると称する人が相互リンクをもとめてきました。
そして数日後、Aへリンクを貼ったと連絡してきました。Aはリンクを貼ってくれたホームページに見にいきました。すると、その人のリンクのページを見ると、一番上に自分の写真つきバーナーが貼ってあって「Aちゃんと選んだリンク集です」と説明されてて、その人のリンク集がつくられて、
しかも、Aのリンクバーナーをリンクに使わずに、AKKO ROOMというAとは無関係のサイトへリンクが貼られて、「あれ!?Aちゃんちゃっかし自分のを選んでるんだね」と書いてあったそうです。
この点につき、Aはその楽器の先生なんか知らないし、そのひとのリンクのページを一緒に選んだこともないということです。
しかし、写真を悪用した人は、小中学生に楽器を教えてると自称してたそうです。仮に教えてるということが事実だとすると、小中学生を教える立場にあるもののすることだろうかと、その人格を疑ってしまざるを得ません。
「あたし選んでない!!」とわたしに泣いて言ってきた時は、さすがに激怒し、その人の問題のホームページとリンクのページをフロッピーにコピーしておきました。

HP運営で知っといたほうがいいこと

?本文や日記とか掲示板にはあなたを特定できることは書かない
ホームページは友達や知り合いだけでなくて、あなたの知らない多くの人が見にくる可能性があります。
ですから、あなたに悪意を持ってる人があなたのすべてのページをチェックしてるかもしれません。
学校の名前やクラス名・友達の名前・あなたの最寄の駅名・バイト先の場所など、あなたをあてられることいっぱいあります。うっかり書かないようにしましょう。
ストーカーみたく追いかけられたらサイアクですね。
?ネットはいつも公に発表してることを意識しておくこと
あなたの考えたことや、素朴な文章・個人的な日記も、ネットに置くこと自体、非常に多くの人が目にすることができるのです。
ネットに置くことにには、プライベートっていう考え方は通用しないのです。
たとえば、「殺し」ということばを使ったページがあるばあい、検索サイトなどの検索ロボットにひっかかり、検索に登録されたとしますね。
異常な犯罪があったとき、警察のネットプロジェクトチームが容疑者を探しに、検索で「殺し」を検索したら、あなたのページが検索結果に出たらどうでしょうか??

掲示板関係で知っとくといいこと

?アクセスしたIPアドレスを調べられる掲示板にすること
広告つきの無料の掲示板は、たくさん出回ってると思います。
そんな中で選ぶのは、セキュリティ機能がそこそこ付いているのがいいでしょう。
アクセス制限ができるもの・アクセスしたホストコンピューターのわかるものを選ぶといいですよ。
(掲示板にいつも表示されてるとあなたの本当のファンや悪意のない書き込みをする人が書き込みにくい気持ちにもなるかもしれないから、”表示をしない”を設定しときましょう)
?イタズラ書きはシカトしとく
掲示板にイタズラ書きをする人は、多くは愉快犯(イタズラを書くことによって、みんなの反応を楽しむ人が多いいと思います)です。
もしシカトしててもイタズラ書きをやめない場合は、下に書くことを保存しといて、警察やイタズラする人のプロバイダーとかに相談しましょうね。
とにかく掲示板にはイタズラされてもあわてないことですよ。
?掲示板は、過去の書き込みを全部フロッピーなどに保存しておきましょう。b
イタズラ書きなどがエスカレーとして、シカともできないくらいになったら、掲示板は一時閉鎖してもかまわないと思いますよ。
ホームページで小遣いかせぎしてるものでもなく、掲示板をか置いておく義務もないのですから。
もしそれでもいたずらがひどいときには、警察沙汰にすればいいです。そのときのために証拠として残しておきましょうね。
?アクセスした人のサーバー名などを記録を、気軽にダウンロードできるサーバーを選ぶこと。
あなたのサーバーのアクセスログには、あなたのホームページの何時何分・どのページを見たかとか、どの画像を持っていったかとかわかります。
イタズラがエスカレートした場合は、そのアクセスログをもとに、アクセスした人のサーバーとNTTなどの電話会社などの協力によって、イタズラした人の電話番号がわかるようになってます。

著作権関係の知っとくといいこと

?著作権ってなに??
著作権とは、人が考えたことや発想(アイディア)・感情を表現したもを保護する権利です。
(領域が難しいのですが、単なる発想は著作権の保護に値しないといわれてます)
権利とは、法律により保護されたものです。著作権を保護する法律は著作権法等です。
これは特許とか登録商標とかの公示制度とは別に、そのような手続きを経なくても、とりあえず著作権っと言うものが生じるのです。
実際、訴訟問題になると公平な第三者機関の公平な裁判という見地から、証拠裁判主義をとらざるを得ませんので、誰の目からみても疑いのない事実であることが推認されるような証拠が必要とされるのですが、実体上の権利としては著作権というものが生じるのです。
?なんで著作権法なんていう法律あるの??
あなたのモモちゃんのシャーペンを、勝手に知らない人に使われたり、ぬすんだりしたら、イヤな気持ちしますよね!?それと同じように、あなた自身が思いついたこと・考えついたこと・作曲したこと・作詞したこと・描いた絵などを知らない人Xさんがそのままとか少しパクッって、そのXさんが自分が考えたもの・作曲したもの・描いた絵だといってたら、どう思うでしょうか??すごくイヤな気持ちしますよね!?
しかもXさんがそのあなたのパクッたもので大金持ちになっちゃったりしたら、メチャメチャムカつくと思います。
著作権法は、あなたの素朴な思いついたこと・考えついたこと・作曲したこと・描いた絵など、
あなたの創造を保護するためにできました。
モモちゃんグッズでいえば、ぬすんだ人がドロボウ・ネコババ(窃盗罪)なんかになるのです。
ドロボウや万引きの多くは窃盗(セットウ)罪っていう罪になりますが、窃盗罪などは、目で形になってるもの・手で触ってわかるもの・容器の中に入れられるもの(有体物)が保護の対象になってますが、人の考えや思いついたこと発想なんかは目に見えないし・手で触れないものだから、著作権法を作ったわけです。
楽譜や本のページの活字なんか見ると形になってるじゃん!?って思われたりしますが、楽譜や本は、人の考えや発想をほかの人に伝えるために目に見える形になおしたという、伝達する道具にすぎなのです。そうして、著作権法で考えや発想自体を保護していくというわけです。
?他人の作ったもの(他人の著作物)は、絶対に使えないのかな??
さっきのモモちゃんのシャーペンですが、誰かが「貸してよ??」って一言いってくれれば、「(使って)いいよ!!」って使わせてあげると許してあげることもありますよね。
とりあえず他人のものを使うときは、持ち主の”許し”が必要だよっていう考え方がありますね。
同じように、他人の著作物を使う場合、その持ち主の”許し(許可)”が必要となってます。
「他人の著作物はその人の許可がないと使えない」という考えになってます。
許し方にもいろいろあって、人間の社会はお金で解決するっていう考え方があるから、
多くの場合、使用料という形で許可することが多いいです。
ホームページのフリー素材集の場合でいえば、素材の使用は無料でありますが、
その素材集のホームページにリンクを貼ることと、非商用利用のページであることを許可の条件にしてます。
?違反するとどうなるの??
著作権法には、刑罰も定められてて、警察に逮捕もされます。罰金も定められてます。
著作権の持ち主がその著作物で大もうけしてた場合に、あなたが無断でその著作物を使ったりして、その著作物の大もうけを邪魔した場合など、何億円もの賠償金を払わされることもあります。
あなたがAYUのCDをコピーしてネットで売ったら、その売った分だけ本物のCDが売れないという被害です。
?ホームページでは著作権にいつもに注意すること
?個人的に楽しむならば、ホームページに貼るならいいじゃん!?
よくCDとかに「個人的に楽しむ以外は許されない」ってかいてあるけど、あたしのページはアドレスあまり知られてないし、家族・友達・クラブなんかの ほんの数人しか見れないページだから、貼っても個人的に楽しんでるだけみたいですね。
ですが、ホームページのようなネットの世界では、ホームページに貼り付けること自体に個人的に楽しむといえないのです。
ネットというのは、いつも全世界の不特定多数の人の目に触れる可能性があるから、ネットに置くこと自体を、公衆の目に見える状態に置いたと考えてます。
現在は、検索サイトのホームページ検索ロボットが、世界のホームページをくまなく探してます。
その検索結果をみると、検索候補と一緒に個人的な文章の始めのとこがのってるのを見たことあるかと思います。
ときには、隠したつもりもないサーバーに忘れただけのファイルも検索結果に出たりもします。
?もちろんあなたのホームページに書いた文章も著作権法で保護されてます。
ホームページを運営していくのには、あなたが他人の権利を侵害するだけでなくて、あなたの権利を侵害される恐れもあるのです。
あなたのホームページはデジタル信号の集まったもので、
言うこともないことですが、、いつでも気軽にコピーができるのです。一生懸命に作ったページがそのままコピーされて、管理人や題名だけかえてあるページがあったらいやだよね。
でもどんなにつまらない文章でもあなたが作り上げたこと自体に著作権という保護される権利がもらえるのです。
自分の文章や画像には、あなたの名前(苦しいとこですが本名は書けない)を書いておきましょうね。
?キティちゃんやポスペのモモちゃんの画像は貼らないこと
キティちゃんやポスペのモモちゃんの画像も、法律(著作権。商標権等)で保護されてます。だから、それらの画像を持っている権利者に、ホームページに貼ることの許可してもらうことが必要です。
ただ、ポスペのホームページなどでは使用権フリーといって、ただで使っていいよっていう画像が用意されてますよ。
でも、これらのタダ画像であっても、ポスペはソニーのなんとかかんとかの会社が所有してて、ポスペのページにリンクすることが決まりとなってます。
しかも、フリーで提供される画像の多くは、あなたが変えることを禁止してて、ポスペのモモを形が似てるからといって、ミッキーくんにしたり、ポスペのブタのトンちゃんにかえてホームページに貼ることは許してもらえません。
?AYUの写真やCDのブックレットの画像をスキャナーで写して貼らないこと

メール関係で知っとくといいこと

?メールの返事は送らないこと
作ったばかりのホームページをできるだけ多くの人に見てもらいたいから、カウンターののびが気になるところ。
思ったよりカウンターはのびなかったりするとそんなとき一通のはげましのメール、そうでなくてもメールをもらううれしさっていうのがありますね。
「あなたのホームページ見てよかったからメール書きました」
「ポスペ持ってる?ポスペやろうよ!?」
とかいろんな言葉を使っておくってきます。
うれしくてたまらない気持ち、そうでなくても返事を送信すると何が送られるでしょうか?
メールを送信すると、メール本文だけでなくてあなたの使ってるプロバイダー情報やメールに設定してたアドレスなども一緒に送られるのです。
そればかりでなくて、メールを受け取って返事を書くということは、あなたが受け取ったメールアドレスは受け取る人がいるんだ、受け取ったメールアドレスは生きてるんだって送った人にもわかります。
たまにメールアドレスが生きてるのかを調べるために、わざとまちがいメールを出す人もいます。
あなたがもしそのまちがいメールの返事を送信すれば、あなたが存在してることが相手にわかるというシクミです。
?添付ファイルは開かないこと
メールに添付ファイルがついてるときもあります。この添付ファイルはとりあえずすぐには開らかないようにしてください。知ってる人も多いいと思いますが、パソコンに悪さするウイルスや接続先を勝手に変えてしまうファイルである危険があります。
?芸能プロダクション・ティーンズ雑誌を関係のメールは注意
スカウトマンの話は聞いたことあると思います。それのネット版っていう感じです。
この話は、ホームページ作ろうとする意思のある人だから、内容はわかると思います。
メールでは、本当にあるようなプロダクションやタレント事務所の名前が入ってたります。
メールをもらった人の気持ちがやわらぐように、女性名が書かれてたりします。
?メールにホームページアドレスが書いてある場合は、そのメールから直接そのアドレスにアクセスしないこと。
A[がホームページを始めたころ、
「スッゴクいい感じのホームページじゃん!! オレもページ作ってるから一度見に来てよ!?」って、Aはメールをもらった。Aは見てくれたお礼をその人の掲示板に書きにいきました。
すると、彼のページの表紙の下のほうの表のところに、見に行ったパソコンの番号やパソコンの使用者の名前・メールアドレス・プロバイダーの名前とか、
プライベートな部分が表示されてたといいます。
それからは、メールは原則的に禁止して、ネットに使うブラウザーもJAVAスクリプト・JAVAなどなどに
警告を出すように設定させました。