他人事ながらにやついてしまった

(匿名掲示板の)管理者側は「発言の公益性や真実性が分からない段階で削除義務はない」と主張したが、
判決は「権利を侵害された者が発言者を特定して責任を追及することは事実上不可能で、管理者の責任を追及するほかない。真実性などの立証責任は管理者にある」
と退けた。
—-
ぼくもそう思った。
・・・・一杯やるかな・・・。
被害を受けた方たちみんな集まって、訴えましょう!!
論理のヒントもどこかに書いてあるから(左の下のほう)、
どんどん参考にしてくださいな。
—-
現代的な論理構成として、これから必要とされていくものは、緻密で明瞭な論理構成よりも、思いやりのある論理構成が必要と感じます。
というわけでぼくもうれしくなったのです。

The following two tabs change content below.
武富 武馬
[2014年8月8日にくも膜下出血で救急車で運ばれ、意識不明3ヶ月間を経て、奇跡的に後遺症なく半身不随なく退院してます。] 東京出身在住。Pon2 Music-音楽家(New Age、ヒーリング)-あ法論理学-たまにねっと。音楽、生活、論理、よもやま話、長生きしよう!!。着信メロディ。自作の音楽・着信音楽は、オリジナル音源です。テキストサイトも含めて15年になりますが、ごらんになる際は、各記事の日付には注意ください。